大阪からマリーンズを応援し、地元でセレッソを応援するおっさんのブログ

NPBはMarines、JリーグはCerezoを応援する、おっさんのブログ。娯楽もちょこちょこ書いてみます

《マリーンズ》気付くと貯金が底ついた。。。

ワタシね。あんな粗っぽい野球してる

横浜ベイスターズに2敗なんて、、、

凄く気分が悪いです。

 

方針ひっくり返して『ノーガードの撃ち合い』を

自ら挑みに行ってKOされた印象。。。

 

井口監督・・・

火曜日にドラゴンズ柳投手に封じ込められてから

ナニを意固地になったのかな?

 

このベイスターズ3連戦、マリーンズの志す

【その1点、掴み取る】

布陣ではなかったと。。。

 

 

あっちこっちで吊し上げ食らってる

【2番サード鳥谷敬

この起用に固辞した理由ですね?

 

安田の不調に始まって、

ここで止まれば良かったんですが、

 

山口航輝がこのまま1軍置いておいても、、、

って感じを受けて、浦和に送ったまでは

チーム方針としては良かったですが、、、

 

アジャの手首痛の登録抹消は想定を少々外れた?

またその前にエチェバリアも2軍調整手配済やったし。

 

『安田不調に伴うオプション』が

鳥谷敬起用】の1択なった感じかな?

 

 

試合後コメントで土・日と

「獲れる時に取っておくべき」としてましたが、

その生命線である

1番荻野・2番マーティン

を崩したのは井口監督当人。

 

もし?ここのどちらかが離脱した時を想定し

『このタイミングで』分離を試みたのかな?

 

結果的に【愚策】になっちゃったですね。。。

 

 

交流戦も残り2カード。

ホームZOZOでスワローズ⇒ジャイアンツを

迎え撃ちます。

 

気付け貯金も使い果たしての勝率5割。

 

この2カードで貯金挽回してかんと、

『振り向けばバファローズ

になってるし。。。

 

健闘を祈っております。

《マリーンズ》まさかの美馬ッチのグダグダピッチ…やが

ほぉ〜んまにビックリしましたね。

あの美馬ッチが『そんなグダグダピッチするか?』って。

イーグルス時代含めて、こんな自制効かないこって

まぁ無かったんと違うかな?

 

さすがにねぇ…もっと早いトコで代えてやって

欲しかったな。

晒し者っぽくって、なんか…ねぇ。。。

 

これは前日の鈴木昭汰が早々にKOされ、

大嶺に小野郁に横山にと使っちゃってたし、

日曜の小島ゆーこと想定すると、

ブルペン2連投まで】のチームルールあるし、

そのルールの被害被ったですね。

 

美馬ッチなんで『シッカリせい』とは

微塵も思えないですね。

 

けどこのゲームも獲れましたよね?

序盤で濱口投手KOして、ブルペン戦に持ち込んだら

勝てたゲームですよね?

 

ワタシ、コレは井口監督の采配ミス?

セカンドチョイスの再思案かな?

安田に奮起を則すのにスタメン外し、

鳥谷をサード起用し2番に据え、

マリーンズ打線の生命線、

1番荻野貴司、2番マーティン

を自ら崩してしましたが、、、

機能してないです。

 

機能してないのは打撃だけでなく守備面も。

鳥谷と安田のサード守備力、

チョボチョボですよね?

 

安田も途中から出て来てヒット打ってるし、

それ思うと今のオーダーに拘る理由、

ないですよね?

仮にですが、鳥谷んトコが今はファームの

小川とかそれこそ平沢とかなら

ハナシ変わって来ますが。

そこがベテラン鳥谷で、あの調子なら

むしろ安田起用して、打順を元に戻すべき。

かな。

 

 

このベイスターズ戦、2戦眺めましたが…

投手vs打者みたいな

【ガチンコ勝負】【サシ対決】

したらアカンですね。

チーム力、チーム戦やったら絶対負けない相手。

 

今日のゲーム、小島は

打者ないし自身の制球みたいな

【個人勝負】しないこと。

捕手と配球組み立てて、バック信用して。

 

今日は絶対負けられないです。

 

 

 

《マリーンズ》強力ドラゴンズ投手陣のアトで

ドラゴンズ戦はとにかく

『投手陣良すぎ』

打線編成で打線の生命線である

荻野貴司⇒マーティンの流れを

自ら崩してることもプラスすると

あの結果は致し方ないかな?

 

しかしっ

ここで打線を崩してでも

ドラゴンズ戦で踏み切ったのは

『このベイスターズ戦に備え』

やったんとちゃうかな?

 

キッチリ3タテ狙いです。

 

ですが、、、

 

先発の鈴木昭汰クン…

この数戦良くないデス。

 

左打者並べられてなら

ウィークポイント突かれて攻略された?

いやいやベイスターズさん

殆ど右打者並べた打線。

これに5失点KOはマズい。

ちと映像見ましたが、制球なんかな?

全体的に甘かったですね。

うーん…

これねぇ〜次回以降もこれを気にしながら

マウンド立って、

【こればっかり】気になって

『粋の良さ』が失せてもなぁ〜

 

石川も肘のクリーニングでシーズン中の

復帰が怪しそうなので

鈴木昭汰の復調を望みます。

 

打線はねぇ。

あのクォリティ低いベイスターズ投手陣

とのマッチアップなので

この結果はこんなモンじゃないかな?

このレベルならこの程度はフツーに

攻略するのが、マリーンズ打線ですから。

 

しかしこのゲームは

鈴木昭汰が潰しかけたゲーム。

そんなゲームを【大嶺祐太】が

よくぞ落ち着けてくれました!!

キレキレで封じ込めたワケやないですが

上手いこと相手に待ち球絞らさずに

翻弄してた印象。

この試合の勝ち投手に相応しいピッチング。

 

ハーマンの離脱で佐々木千隼の序列が

上がって空いたポジション。

大嶺祐太でキマリですね。

 

小野郁も相手見下ろすと盤石

 

横山はちと暴れたが、

彼は今、経験積み上げる道中。

まぁ×2

 

で…『アカンっ』とするのが

フローレス

今日、浦和行きで良いでしょう。

さすがにアレは使えません。

 

見方によっては、今回の登板が

『ラストチャンス』『最終見極め』

だったのかと。

年齢的なコトを鑑みても、

もうないですね。

 

結局益田を投入するハメに…

そんでこの益田も…

 

を救ったのは和田康士朗。

センター前かと思われた打球、

走力もさることながら

『スタートの一歩目』

でしょうね。

 

落下点見定め、走りながらの捕球やなく

タイミング合わせスライディングしながらの捕球。

ギリギリ飛び込むんやなく。

代走オンリーやなく、守備固めでも

起用出来るメリットは大きい。

走力オンリーで打撃も守備もダメダメな選手、

沢山見てきましたが、康士朗は違う。

 

あれヒットにしてたら、、、

もう一波乱あったでしょうね?

 

【セーブ康士朗】の

益田ごっちゃん1球セーブで

マリーンズがキッチリと勝利です。

 

ドラゴンズ戦、2敗1分やったので、

このカード3タテはマスト。

 

投手力落ちるベイスターズ相手。

 

ナメてんのか?と言われるでしょうが

『質の低い野球やってチームに負けてる場合じゃない』

 

3タテっ、マストです‼