大阪からマリーンズを応援し、地元でセレッソを応援するおっさんのブログ

NPBはMarines、JリーグはCerezoを応援する、おっさんのブログ。娯楽もちょこちょこ書いてみます

《マリーンズ》何気にマーフィー6連勝

スコア

マリーンズ 3 - 1 イーグルス

正直なトコ見どころは少なかったと判断するゲームでしたが、それなりにチャンス潰しながらも7回のチャンスをモノにし逃げ切れたゲームでした。

またまたマーフィー勝利で先発転向後6連勝です。

そして前回同様【お役御免】のイニングで味方の援護が有り勝利投手ってか『勝ち逃げ』かな?

2回の押し出し四球なんかも『らしさ』かな?とにかく以降のピッチングは非常にテンポも良く、なにも言うことナシのピッチング。

完璧ではないにせよ指摘するとこは無かったって意味ってこと付け加えます。

そしてあえて『ナイスピッチ』とは書きません。

マーフィーの良いトコ、あえて成瀬と比較しますが『ゆとり』が違います。

球威・制球ともに成瀬の方が格段に上。でも結果が違います。

相手のめぐりって意味では成瀬の方が厳しい相手続きではありますが、そこを差し引いても成瀬が投げるとどうも空気が重くなる。

ばったばったと相手斬っても空気が重い。

でもマーフィーについては、あれだけボール投げても雰囲気は悪くなりません。なんでか?野手を信用し切ってますね。恐らく。

だから少々ランナー貯めても空気が重くならないですが、成瀬はずっと空気が重いままイニング進め、被弾して更に悪化って感じ。

その辺の差が結果なんじゃないかな?

そろそろ成瀬は気付いてほしいです。

打線の方は湿りっぱなしですね。

初回の西岡出塁後の今江のバントファールフライアウトは一気に流れを悪くしましたね。

でも7回の今江は良く打ってくれました。それも2アウトからワタシが望む『外野手を横に走らす』ライト前シングルHIT!!!

あの打球ならセカンドランナーゆうゆう生還出来ます。ナイスバッティングです。

その前の里崎も良く打ちました。バントはファールとなりましたが、し損ねのファールじゃなく、狙いは良く『残念ながら』ってファールなので、あれはヨシです。

そんで打ち直しでライトポール際への2ベース。やっとチーム待望の長打が出ました。ナイスバッティングです。

今日DH起用の竹原も2安打と起用に応えました。

7回のレフト前よりもその前の打席のセンター前が良かったです。

なので、あえて苦言。最後の打席、凄く淡白な打席に見えました。

かなり立ち位置微妙なニオイがしてるのですから、もっと1打席1打席を大事にしてほしい。

そんな気分です。

交流戦終盤からの重苦しい雰囲気からはまだ抜けきってないですが、1勝1敗はまずまずです。

全体的に『粗さ』を感じますので、もう一回原点見直してほしいと強く願います。