大阪からマリーンズを応援し、地元でセレッソを応援するおっさんのブログ

NPBはMarines、JリーグはCerezoを応援する、おっさんのブログ。娯楽もちょこちょこ書いてみます

《マリーンズ》ドラフト終了。明日から最後の決戦へ

ドラフト終了のコトから。

このブログのヘンコ管理人が熱望してた『斎藤佑樹獲得!!!』は・・・

残念ながらファイターズに持ってかれてしまいました・・・。

クジ引きやから仕方ないし、一昨日には日本シリーズ前の調整の為の練習試合を快諾してくれたファイターズさんなんで仕方ないなぁ~とあきらめてます。

マリーンズスカウト一年生の新里スカウト。1年間追いかけてたのにさぞかし残念だったと思います。

一昨日のすぽるとの特集にて、新里が言っていた『ずっと追いかけてたこと、斎藤君はどう思ってたのかな?』って問いには斎藤クンは答えてあげてほしいなぁなんて思ってます。

まぁ、これもドラフト。一昔と違い『希望球団じゃないからヤダ』みたいな話題も今のトコ聞こえてこず、クジ引きで選手の運命云々って雑音も聞こえず【運】と割り切る選手が多かったことは好感持てました。

斎藤佑樹を外し、次に指名したのが外野手の伊志嶺だったことは驚きでありました。

でも、ここもバファローズと競合で抽選に・・・。

ここはキッチリと引き当てて交渉権獲得。なんでもバファローズさんは3回抽選外したみたいですね。

伊志嶺のスポーツ紙の寸評見る限りでは、俊足・強肩・巧打と、現在のマリンに足りないものを兼ね備えている選手だなぁという感じ。

【昨今のNPB】はどの球場も広くなり、『失点を防ぐ』という意味でも、外野守備力は重要なファクターになってます。

それと巧打って面。【繋ぎ】が出来そーな選手ってのもイイです。

昨年のドラ1荻野貴司そして早坂の故障からの完治具合が不透明なダケに、タイプとしては西村監督が好みそうな選手を指名したなって思ってます。

ただ・・・ここで外野手指名となると、【竹原】の立ち位置が微妙になった気がするのはワタシだけでは無いと考えます。

【昨今のNPB】って考えると、竹原や神戸の様な『売りは打撃。守備は目を瞑って』ってタイプは過去の遺産になってる様な・・・。

神戸はマリンでは希少になりつつある【左打者】やし、ファームではファースト守ることが多いですが・・・

タケは右打者やし、守備が・・・、そして年齢。

今回の6名指名で選手枠も枠一杯なダケに、日本シリーズ終了後の二次解雇通告の際、ちょっとヤバい感じがしております。

期待してた選手ダケに・・・。残ってほしいですが・・・。アノ打撃理論がおかしくしちゃったかなぁ~。

2位指名以降は、マリンの補強ポイントである【即戦力投手】【捕手】って面は抑えたかな?という感じかな?

ここ数年のドラフトにて2年続きで投手しか指名・入団してないのに、補強ポイントになってしまうのは、過去のドラフト戦略が誤っていた証拠。早々に引退する選手も居り沢山居るのに『足りない』状態です。

投手については、ワタシ的には左投手が1枚欲しかったですね。

話題選手となると6位の藤谷。逆輸入選手です。

ただアメリカでベースボールしてたのが気になるところ。

クイックや牽制がどうなのか?いくら速いボール投げても、投げる以外のコトが普通レベルに出来ないと通用しません。

まぁ、これは他の投手にも言えることですが、アマ時代って早々打たれることもないからプロに指名されるワケであって、そっちの方はそないにしなくてもイイ環境にあるのでは?

でも、先を見据えて、そーゆーことが出来てるか否か?

寸評はどれもこれもエエことしか書きませんので、勝負は入団してから。

そこを楽しみにします。

捕手については、里崎が35歳と高齢?に。そして続く捕手も的場に斉藤という途中移籍組。

やっぱり生え抜きが期待されるポジションではあります。

4位の小池。青学出身と言えば、かつてのドラ1清水将海を思い出してしまいます。

どんな選手か知りませんが、必然的に『1軍で育てて欲しい』選手ってイメージを持ってしまいます。

ただ・・・将海の後輩ってダケであのバッティング力を想像してしまうのは・・・トラウマですね(苦笑)

不満点は内野手を獲得しなかったこと。

先にヨソに獲られたのであれば仕方ナシだが、内野手は数年来不足しているハズです。

ファーストを除いたカタチで書きますが、セカンド井口・サード今江・ショート西岡は鉄板ですが、その下。例えば怪我人発生や喜べない噂が現実となった場合のバックアップは細谷一人。

ちょっとコレではいけない気がします。

この内野手の層が薄い状態をいつまで続ける気なのか?

結局のトコ、捕手2人を獲得したことで、田中雅彦内野手コンバートなんてオチがつきそーな気がしてます。

金澤も肩の状態が思わしくないってのが、ずっと続いてる様ですし、金澤もファーストコンバートのメは無くもない感じ。

でもそれ以外はほぼ無風。だからいつまでも『常時2軍』であるにも関わらず【三割・30本・90打点が目標】なんて実態にそぐわないにも程があるコト考えている10年前のドラ1内野手が『2軍キャプテン』っぽいワケの解らん立ち位置でのうのうと居座らしている。

そんなことではチームのボトムアップは期待出来ません。

無理にどうでも良い選手を無責任に指名するのも違うハナシですから、ワタシの書いたことが全てとは考えていませんが、ちょっと今まで貯めてた不満が爆発したって感じで読んで頂ければ・・・。

ワタシのマリーンズドラフト評価は55点。

今は55点ですが、来年の今頃にはもっと得点が上がっていることに期待したいと思います。

さぁ~て、明日から日本シリーズです。

が、、、、、ゼンゼン盛り上がってないですね・・・。

やっぱ『1・2・5戦、地上波全国放送ナシ』の余波なのか???

こーゆーのって【イメージ】的に『NPBって人気落ちたね』って言われてるみたいな感じが風評被害っぽくってよろしくないですね。

ちなみに、大阪エリアでは1戦目が19:00~20:54までテレビ大阪で地上波中継あるみたいです。

ウチはCSなんで地上波あろうがなかろうが観戦は出来ますが、野球ガッツリ観戦してしまうと、子供の就寝時間が遅くなっちゃうので、教育上余りよろしくないのがワタシの悩みのタネです。

日本シリーズ予告先発はナシ。

でも1戦目は成瀬でキマりでしょう。

ドラゴンズはチェン投手?それとも吉見投手?

1・2戦はDHナシなので、マリンのメンツにとってはカンケーないですか?

ただ、ハッキリしてるのは『先発の左右がどうであれ、ドラゴンズのピッチャーを攻略するのは至難の業』ってコト。

シリーズに向けた情報も少ない中での朗報は、唐川が出場出来そうなコト。

大丈夫なのであれば、2戦目位に持ってきても良いのでは?とか思ってますが、2戦目は打席に立つ必要があるので、どうも打撃がスキそうなマーフィーを立てる方がエエかも?です。

順当に考えれば4戦目かな?

とにかく復帰が待たれますね。

ワタシ自身【日本シリーズ】に向けてのスイッチの入りがまだ鈍い感じがしてます。

これではいけません。明日の朝までにはモチベーション上げるとします。