大阪からマリーンズを応援し、地元でセレッソを応援するおっさんのブログ

NPBはMarines、JリーグはCerezoを応援する、おっさんのブログ。娯楽もちょこちょこ書いてみます

《マリーンズ》いつまで続く【戦術・荻野貴司】

前回アップ後の

3/31(日)vsファイターズ戦から

昨日の4/3(水)vsホークス戦を通じた雑感

 

まず、日曜日のゲーム

佐々木朗希はホームで先発すると

概ねこんな感じで勝ち星を逃しますね。

ひとえに【チーム愛】が足りないからかな?

やっぱ昨年までみたく

『マリーンズの一員として応援すること』

ワタシは改めて難しくなっていますね。

ハマった時のピッチングは圧巻ながら

マリーンズ = ワタシ

みたいな感覚ではなく

たまたまテレビつけたら放送してた

阪神vs巨人戦で菅野投手が圧巻のピッチング

してるの眺めて『すごいな。無双やな』

ってのと同じ感覚。

 

それに輪をかけて、バシッと受けれず

ポロポロしまくてった

佐藤都志也のキャッチング

ワタシ、過去、草ソフトボール

捕手やってた経験あるのでアレですが

あんだけ捕手がストライクのボールを受け損ね

ポロポロしてたらピッチャーに叱られましたね

「ちゃんと受けんかいっ」って

そんなのクセにフレーミングとかするから

アホみたいに低め・両サイドの判定辛い

球審牧田はことごとく「ボール」判定

ピッチクロックとか牽制球の制限とか

そんなコトで【時短】目指すんやなく

こんな審判のストライクゾーンの是正

した方が、遥かに試合が締まって

内容が凝縮され、試合時間も短くなり

【野球の魅力】が示されると感じるのは

ワタシだけかな???

全体的に締まりのないゲームで

マリーンズは残塁を繰り返し

トドメは都志也のスクイズ失敗・・・

これで集中力が切れましたね。

なので9回ウラの康士朗と航輝の交錯で

ポロンチョしたのは必然

しょーもない負け方・・・

これに【必然】を感じました。

 

救いは開幕3戦目

今後に活かす敗戦になることを

望んでいます。

 

休日を挟んで福岡でホークスとの対戦

ウィークデーなのでちゃんと視聴できてませんが

文字速報では相変わらずの貧打線。。。

四球絡んで塁上を賑わすことあれど・・・

『アト1本』の出る気配がない。。。

主観のハナシになりますが

チャンスの場面で得点入るのって

3球目から遅くとも5球目までに

仕留めておかないと大概チャンスを潰します。

これが相手投手のクォリティが

1軍半ならハナシは変わりますが

常時1軍投手相手で

今のマリーンズ打線各位が

『シッカリと待ち球絞って』してる間に

オートマティックに追い込まれます。

なので弱気になり『四球狙い』にチェンジする。

結局【見逃し三振】でイニング終える。

みたいな・・・

ちょっと風の異なったのは

茶谷の見逃し三振かな?

上の話題とリンクしますが

あの高さ・コースは取らないと

試合が締まりません。

なので球審の判定は妥当かと。

あっこで手が出ないのは

日曜日の球審だった牧田みたいな審判いるから。

一律であの高さ・コースを取ってれば

バットは出る様になりますよね。

ワタシはそう考えてます。

そんでチャンスを潰すマリーンズに対し

ホークスは・・・

打つ方はアレとして、守備で盛り上げます。

コンドー選手が。ギータ選手が

ウイングシートにカラダ伸ばして

ファールフライをキャッチします。

ホームであれしたら相手に勢いがつき

ビジターは消沈します。。。

 

そら、勝てる因子は皆無になりますわ。。。

 

 

水曜日のゲームは

仕事がかなり長引いて

視聴出来たのは!!!

ちょうどオギタカがタイムリー打った瞬間

からヨッコーが相手ねじ伏せる

圧巻のピッチングで試合を〆たトコまで。

とんだドタバタ試合の

『えーとこどり』です!!!

 

なので感想は短めに

タイトルにした通り

【戦術・荻野貴司】でしか

今季も勝てておりません。

 

この症状は

井口監督の時代も

伊東監督の時代も

それ以前の

西村監督時代まで遡る

【戦術・荻野貴司

 

これには不安しかないですね。

 

吉井さんも荻野のコンディションもあるし

この症状を改善する必要性

切に感じているが故に

荻野貴司を積極的に

スタメン起用しないのかな?

 

やっぱ他のパターンも

必要不可欠です!!!

 

いつまでも

荻野貴司角中勝也

ではダメなんです。

 

今日も試合がありますね。

先発はみっ美馬・・・

 

マリーンズ編成よ

なんぼドラフト失敗しとんねんっ