大阪からマリーンズを応援し、地元でセレッソを応援するおっさんのブログ

NPBはMarines、JリーグはCerezoを応援する、おっさんのブログ。娯楽もちょこちょこ書いてみます

《セレッソ》改めて『セレッソのサッカーはトロ過ぎる』

5/15(水)アウェーvs町田ゼルビア戦です

セレッソ大阪 1 - 2 町田ゼルビア

 

マリーンズとの掛け持ちなので

後半しかあえて視聴しておりませんが

セレッソのサッカーは【トロい】』

これに尽きますね。

 

繋ぐサッカーがセレッソのサッカー

なのかも知れませんが

今、それを体現できる選手が

どれだけ残っているのか?

 

両サイドのマイクにノボリを欠き

前線もサイドのカピを欠き

残ったメンツで最適はなんなのか?

 

ボール奪ってからフィニッシュに

掛ける時間、

やっぱゼルビーさんは速い

かつ連動性がある

奪い合いでボール奪ったら速攻

決め事が明確なのかな?

パッと複数名がボールホルダーと

リンクないし先回りして

ボールの供給先ないしスペースを

作ります。

 

一方のセレッソは?

パスを奪っても

足元でコチョコチョやってます

後ろからの上りを待ってるのでしょうが

近代サッカーで

『そんな時間どこにあんねん』って

時間をかけてる間に

ブロックしかれてまた得意の

「ボール保持」でバックパス。。。

 

まぁ・・・今のメンツを眺めると

あんだけ高齢化してたらそうなるかな?

 

あんだけ【遅攻】で相手崩そうとしたら

『どんだけスキル高い高額選手

揃えなアカンねん』って

 

円熟過ぎて『アツいもの』感じない

だから余計にダラダラしてる様に映る

日本人選手全体的に

 

 

藤尾翔太が躍動してました

味方がボール持ったら

一気呵成にゴール前に入ってきます

U-23アジア大会でも見た姿

セレッソ時代の彼とは違った様な

「期限付き育成型移籍」

ヨソに貸しまくって悦に浸っていた?

セレッソ編成部

藤尾個人が成長にセレッソをソデに

 

藤尾の選択は間違ってなかった

そう感じました。

 

前節の蛍のコメントあったから

余計に

 

伝統を誇るヤンマーサッカー部

ルーツに持つクラブ

プロクラブになり30周年

伝統は否定しません。

 

勘違いしてはいけないこと

セレッソ大阪になってからは

2017年に2つタイトル獲っただけ』

【J1の中の上】

ここを突破していないこと

 

その理由

『常に誰かに依存する』

 

森嶋寛晃に依存し

香川真司に依存し

レヴィークルピに依存し

柿谷曜一郎に依存し過ぎ

ピッチレベルが崩壊した

 

今はクラブ生え抜きの

小菊昭雄に依存

 

依存するワリには

協力してる風は感じず

 

雰囲気は・・・

フォルラン獲得した時期に近い?

 

なんかギクシャクしてる印象

 

クラブ設立30年

 

節目にゴタゴタするのも

セレッソの歴史

 

4月最優秀監督賞受賞するも

発表された時には・・・

 

切なすぎるやろ。。。

 

 

余談

news.yahoo.co.jp

サンガさん、、、

迷走し過ぎやろ。。。