大阪からマリーンズを応援し、地元でセレッソを応援するおっさんのブログ

NPBはMarines、JリーグはCerezoを応援する、おっさんのブログ。娯楽もちょこちょこ書いてみます

《少年サッカー》『楽しむこと』を意識してほしい

残すとこ、あと4ヶ月弱で

にいにいの小学生サッカーLIFEも終了。

 

10月末の全日終了してから途端に

試合日程が激減しました。。。

 

なんでもこのにいにいの学年は

クラブ史上1・2を争う弱小学年だとか?

3年生になる前に「監督自ら育てる」と

啖呵切り、6年生まで担当指導者変わらずに

来ましたが、、、

『途中で完全にサジ投げたよね?』感満載。

選手8人に、これはクラブ史上初の

「GK希望者ゼロ」の学年。

これもお気に召さなかったみたいです。

 

これまでの試合はずっと一学年下の正GKが

試合帯同していましたが、5年生も最終学年が

見えてきたことと、この5年生学年は

【クラブ史上最高】みたいで、

クラブ初の1部リーグで、初参加大会が頻繁にあり

経営者兼監督もそっちにシフトしていること

アリアリです。

 

で、先日、この学年が大きなイベント大会に

参加した感想をスポーツクラブの方のFacebook

コメント投稿してましたが、、、

ちなみに定期のコメントはサッカークラブのFacebook

大きなイベントの時はスポーツクラブ側でアップします。

 

その投稿眺めていて、ワタシの眼を惹いたのが

>生半可では勝てない

 選手スタッフ保護者の皆さまが

 1つにならないと勝てない。

 それが1部なんでしょうね。

こんなコメントをアップしています。

 

ハッキリいって、このクラブは

監督と選手・保護者間、

どの学年も大きな溝があるクラブです。

その因子はクラブ方針にあります。

【自主性】を物凄く偏屈に監督が解釈しており

試合会場に入ってから出るまで、

保護者と選手の交流は一切厳禁。

こんなルールにしてるから、

どの試合会場行っても、

【こんな雰囲気悪いチームないわ】

ってほど、ダントツで雰囲気悪いです。

 

そんな歪んだ方針に、それに意見した保護者に

「過保護」と言い放つ監督の暴言。

『あっこのサッカーチームの監督サイアク』

って事実がママ友ネットワークで知れ渡り、

今現在ナニが生じているかというと

【クラブ生が集まらない】

事態に陥っている様です。

 

先日、毎年恒例のママ連中と監督・コーチの

忘年会でも、部員が集まらないこと

監督が嘆いており、ウチの1年生のおとーとくん。

幼稚園時代はこのクラブのキッズコースで

サッカーしていましたが、小学生になる直前、

ワタシもカミさんも『このチームでさせる?』

って疑念が一気に膨らんでしまい

シレっと継続しませんでした。。。

正月時点ではイオンのスポーツオーソリティ

新春売り出しで4号サッカーボール購入して

1年生から入部させるつもりでしたが

『このチームでさせる?』の疑念が大きくなり

だからといって学区内のチームってのは

保護者同士の交流がメンドクサイので却下。

サッカーだけがスポーツでなく、広い視野でと

他の方に目を向けさせ、今は空手を習ってます。

 

そのおとーくんを『入部させて』とオファーされた

みたいですが、ウチのカミさん、キッパリと

【お断り】したみたいです。

この忘年会、この学年はウチの子覗いて

末っ子さんないし一人っ子さんばっかりの

兄弟構成なので、どのママさんも

【これで最後】とばかりに総攻撃(口撃)仕掛けたとか。

その話題にも触れる部分ではあったこと

【試合会場では親が子供に干渉するな】っての。

昨年の夏やったですが、選手のひとりが熱中症寸前?

なったのも、監督が「日陰で休んでこい」と

本人促すだけで放置。

さすがにそれは危ないと判断したカミさんとワタシが

介抱して大事にならなかったですが、

そんなコトも含めて、

『放置はする。でも構うなは筋が通らない』

『そんな危ない環境知ってて弟を通わすこと出来ない』

とキッパリと言い切ったら、監督は絶句してたらしいです。

 

 

ウチのカミさんによると、他の学年の保護者、

監督・コーチの目の前、試合会場ですね?

では一切の不満示した態度みせないですが

陰で不満漏らしてるのはネットワークから

入手してるみたいです。

 

どこを聞いても『このクラブいいよ』って

ハナシが入ってこないんですよね?

 

保護者も選手も、常に監督の顔色伺ってる

常に不満抱えている。

そんな環境で一体感なんて生まれません。

 

『楽しむ』には余計な垣根は取っ払うべき。

その中でお互いをリスペクトする環境があって

始めて【一体感】って生まれてくるもんだと。

 

6年間、にいにいがこのチームでサッカーやってて

試合会場で選手と保護者、そんで監督が一緒になって

一喜一憂したことが一度たりとてないままに

終えていくこと。すごく寂しいことだなぁ~と。

 

どんなつもりで残したか分からない

ひとつになって

というフレーズ。

この経営者兼監督、

ホンマに意味を噛み砕かんと。

 

5年後、、、存続してるか否か。

 

選手・スタッフ・保護者が同じことを

『楽しむ』『楽しめる』

 

そこに気付いて欲しいです。

《セレッソ》今季集大成!!!

2019年12月07日 @昭和電工ドーム大分

J1 第34節(最終節)

セレッソ大阪 2 - 0 大分トリニータ

 

天皇杯も敗退しており、このゲームをもって

セレッソ大阪’19シーズン・ラストゲーム

 

相手は大分トリニータさん。

前回の対戦は4月末の9節。

大阪府小学生最大のイベント

ライフカップ開会式後のゲーム

ティーナも選手も試行錯誤してた時期。

なんの見所もなくスコアレスで終えた1戦。

このゲームでロティーナが悟ったのか?

次節10節から3バックを4バックに変更し

システム変更に伴いメンツも変えてから

大躍進を迎えました。

 

大躍進はあったにせよ、長いシーズン

故障者もそれなりに発生し、

やっとカタチが決まって即の11節

今季最大の補強選手であった都倉賢

ヒザ十字靭帯損傷で今季アウトに。。。

 

24節には、ここまでキャプテンとして

奮闘していたキヨがクセになってる感のある

右ハム損傷で離脱。。。

でも32節で復帰したのはこれまでとの違いかな?

 

そんで×2、ゆーてもこの躍進、誰が牽引したか?

といえば、ワタシは間違いなく

ブルーノ・メンデスを上げますね。

前線でのキープ力。それもワンタッチないし

受ける前から前を向いてボール受ける技術は

そら秀逸やったかと。

徐々に相手に研究されて厳しくなってきましたが

それでも彼の存在は大きかったと。

30節を迎えたトコでメンデスが今季アウトに。

今季のターニングポイントであった10節の

対戦相手、松本山雅戦。

10節は完勝だった相手に30節は見応えない

ゲームを展開しドローゲームに。

 

『ジリ貧で今シーズン終了???』と

少し寂しい予想ってか覚悟?もしましたが、

33節に清武弘嗣がスタメン復帰し

曜一朗をFWに据えたことで

チームは息を吹き返し、

ゆーても残り2節ではありますが

今季の集大成の最終節。

 

非常に前置きだけが長くなり申し訳ないですが

今季より就任のロティーナサッカーを

現在のベストメンバーで迎えたこのゲーム、

終わってみると【完勝】

で今季を終えることが出来ました。

 

現在ベストのチョイスであるTOP

曜一朗に奥埜のコンビですが

高さは使えませんが、

この対戦の大分ディフェンス陣にも

そう大きさを感じることはなく

曜一朗の常にウラを意識している姿勢に

空いたスペースに常に顔を出し相手を

攪乱する奥埜のポジショニング。

この2TOPの動きは良かったと思います。

 

シーズン終盤になり、大きな変化となったと

ワタシ的に見ているのが

シレっと故障して離脱したアト

ベンチ外になったデサバトと入れ替わり

スタメンに復帰したソウザ。

ソウザがスタメン復帰したことで、

ワタシの主観でありますが、

攻撃時の意識が『サイドから中央』に

全体がシフトした様な気がしています。

ソウザがスタメン復帰して、一番フィット

していたの、復帰初戦のガンバ戦やったんと

ちゃうかな?と。

まだポジション取りが分からずに彷徨ったり

してたけど。。。

 

ソウザがハマると、あのパンチ力に頼りたく

なってしまうのは仕方がないのかな?

 

このゲームの先制となったFKを観てしまうと。

ちょっとボールを持ち過ぎるんですよね?

2タッチから3タッチ多い印象。

でも逆にそのタッチが活きてファール貰って

良い位置でFKを得たりとか。

それは先制のFKなんかがそうなんですよね?

相手にかすってはいますが、アノ位置で

パンチの利いたFKでゴール沈めること

出来るのがソウザなんです!!!

 

またソウザが入ったことでサイドからの攻撃、

特に右サイドの【陸&コータ・M】の

コンビネーションが影を潜めた印象。

『一時は「松田陸」なくしてロティー

サッカーを語れないな』

なんて時期もあったですが、、、

なんて感じながら眺めていると!!!

 

追加点は、その松田陸が敵陣深いトコで

 

相手のクリアボールをカットして

ペナルティエリアに斬り込み

優しいクロスを供給。

そのクロスは相手DFにクリアされるも

セカンドボールを藤田?が回収し

前に出せないと見るや、後ろにポジショニング

していたソウザにボールを渡します。

そのボールを受けたソウザがフワッとエリア内に

供給し、前残りしていた陸がヘッドで中央の

曜一朗に落し、曜一朗がポッカリ空いたスペースに

『どうぞ打って下さい』とやさしくボールを置き

そのボールに奥埜とコータ・Mの二人が反応するも

ボールに近かった奥埜が抑えを利かせて右足振り抜き

見事にゴーーール!!!

めっちゃ綺麗な流れから追加点をゲットします!!!

 

で、このゲームですが、流れから得点したのは

この1点だけでありましたが、試合序盤から

こんな展開、幾つかあったんですよね?

最後のトコを相手GKの高木選手に凌がれていましたが。

 

このゲームはそんな展開が再三あり、

外しまくってたといえば、外しまくっていましたが

そんな危うさは感じなかったかな?

 

怖かったってか、このゲーム、

ピンチは全て【セレッソのミス】ばっかり。

にワタシは思えましたね?

陸が中央のソウザに出したパスがインサイド

引っ掛かり過ぎて勢いないボールをカットされたり。

相手ボランチへのプレスへの距離作り過ぎて

前線のオナイウ選手の動きに合わせてフィードされたり。

とにかく【ミス】なければ、大分さん

ノーチャンスやったんと違うかな?

 

大分さんは『組織力』で今季善戦したチーム。

正直なトコ、この結果を確信もって予想された方って

居たのかな?ってほど、シッカリとした組織力

今季戦われたチームでないかと。

その相手に最終節で、ハッキリと申しまして

【格の違い】

を魅せつける試合運びして勝利でフィニッシュしたこと

素直に嬉しかったですね。

 

今シーズンはこれにて終了。

 

Jリーグ成績は

 18勝 5分 11負

勝点59 5位でフィニッシュ。

 

12/8には解団式もあったそうで、

2019シーズンが終了しました。

 

シーズン終了と同時に、

正式リリースとして

ティーナの続投

梶野智強化部長就任が発表されました。

 

またサッカー誌、スポーツ紙によると

 

ブルーノ・メンデスの買取交渉が難航しており

獲得断念濃厚との噂。

保有権持つウルグアイのディポルディポが

足元見て吹っ掛けてきてるみたいです。。。

さぁこの交渉をどうまとめるか?

それとも梶野ルートで新外国人にシフトするのか?

 

確か11月中に契約更新のリリースあったはずの

ソウザも去就が流動的だとか???

ソウザの場合はロティーナのサッカーするのに

アタマいっぱいになってる感じかな???

 

田中亜土夢も契約満了で移籍濃厚との噂。

5月のGWに舞洲で見た、全体練習後の

居残り練習の準備してる姿。

あの姿勢には心撃たれたなぁ~

残って欲しい選手ですが、かつてアルビで

至宝と言われた選手。

アルビに復帰なのかな・・・・

(ソース無の勝手な憶測です)

 

コータ・Mも契約満了で契約延長オファー済とか。

コータ・Mは強化部が過小評価しない限りは

残留してくれると信じたいです。

 

そんで最新の話題だとFC東京が木本に

オファーするとかしないとか?

今シーズン中に山下達也も引き抜かれた

セレッソなので、木本はゼッタイに

プロテクトしとかんとアカン選手。

10年前のセレッソとちゃうんやから

易々と逃げられんようにしてもらわんと。

 

 

監督は契約更新やが、強化部のトップが交代。

これがどんな芽が出るのかですね?

 

梶野さんはクルピとのコンビで

毎年の様に育てた若手が引き抜かれながらも

次の若手を据えて選手をサイクルしていた

実績ありますが、

クルピ時代と同じことをロティーナとも

一緒のことが出来ますか?

というと、それはちょっと分からないですね。

 

強化部が監督の思想・思考に合わせて

選手を揃えるか?

強化部方針で揃えた選手を監督がやりくりするか?

 

来季に向けた戦力編成で、

移籍の噂が先行してる実態、

ワタシあまり良い傾向には思えません。

 

ここで立ち遅れしない編成を期待したと思います。

 

 

 

 

《セレッソ》残り2節で初の逆転勝利!!!

2019年11月30日 @ヤンマースタジアム長居

J1 第33節

セレッソ大阪 2 - 1 清水エスパルス

 

J1も残り2節、この試合数日前に

藤本康太の引退発表と

丹野研太の契約満了⇒11/30引退発表?

大山武蔵の契約満了

が発表されました。

 

今節がホーム最終戦。SUBメンに

藤本康太の名前が!!!

引退記念といえば記念ですが

コンディション不良で木本がベンチ外。

現在のメンツ考えると、CBの序列としては

藤本康太になるのかな?

 

そんな1戦かつですね。

ワタシこの週は夜勤でして、仕事明けが

この日の朝まで。

帰宅して昼過ぎまで寝て、13:45に

アラームで起床して、

『さぁ久しぶりのLIVE観戦』と思ったら

DAZNのトラブル

で視聴不能。。。

 

4画面のヤツを眺めていましたが、、、

優勝争いに降格争いにJ1残留の賭かる

マッチアップが多い中、

清水さんは残留云々の話題あれど、

順位的見どころが一番薄いセレッソ大阪

ほぼ映像を抜いてくれることなく

DAZNも復旧せず。。。

 

なんか後半なってから、それ以前に復旧してた?

とにかく興醒めしてしまって

LIVE観戦は断念。。。

しかし中途半端にLIVE速報知ってるので

今回は結果踏まえた上で追っかけ視聴した雑感。

 

大きな感想とすれば、

セレッソペースで試合入ったのに、CKの混戦から

人影から出て来たシュートに合わすこと出来ずに

ジンヒョンの手の下すり抜けるゴールで先制され、

決定的なシュート放てど、この試合大当たりの

清水GK大久保選手にセーブされ、

ここまでは追いかけ視聴の感想で、

視聴復旧したこと気付いてしたんですが、

そのちょっと前に、イオンの5%オフに

行く約束をカミさん、ねえねえ・おとーとくんと

約束しちまったんで、お出掛け準備の10分少々

のみLIVE観戦。

コータ・Mの相手に当たって起動変わったけど

ビューティフル同点弾決まる直前のプレー。

ゴール前の混戦でマルが見事に外したシーン。。。

あれ視て『今日は(も)ナイな』と思いましたね。

 

ですが×2、追いかけ視聴の考察含みですが、

清水さんの引く時間が早過ぎましたね。

あれだけ早い時間から退いて守り切れる戦術

あれば良いですが、それが出来るのであるならば

降格圏内に居ないワケでして。。。

それに輪をかけてアウグスト選手の骨折による

途中交代。

それ以前も空中戦で絡んだ後、受け身やなく

腕から落ちるシーンあって危ないなぁ~と

思ってましたが、、、

60分の落ち方たるや。。。

地面に腕着いた瞬間に二の腕の肘に近い部分

恐らくあっこで【骨折したっ】って

分かる程の落ち方。。。

ここで守備のカード失ったのもあったから?

とにかく下がるのが早かったですね。

 

とはいうものの、今季逆転のないセレッソ

選手交代のカードを斬るタイミングでは

相当バタバタしてました。

最初はキヨと瀬古outで亜土夢と澤上inする

準備をしていましたが、

先に挙げました、セットプレーからの流れ。

ペナルティアークよりまだセンターサークル寄り?

ほぼ全員が帰陣していた清水さんなので

このイチでルーズボールがコータ・Mに収まり

右足一閃!!!

ボールが見事な放物線を描きゴール!!!

リプレーでは相手河合選手?の顔面かすり

見事なドライブ回転になり、この日大当たりの

大久保GKの頭上を抜けストンと落ち

ゴールネットを揺らします。

 

この試合のコータ・Mは右サイドに張るよりも

中央のMFとCBの間延びしたスペースに

ポジショニングすること多かったですね。

ずっとゴールを狙っていたんでしょう。

見事なゴールで同点にします。

 

このゴールでセレッソも作戦変更。

澤上交代を辞めて、キヨと亜土夢の交代のみで

瀬古をそのままピッチに残します。

確かに、この試合の瀬古はあんま良いとは。。。

スタメン外れてから、ちょっとアレかな?

SUBメンなって、ピッチ脇でのアップでも

不真面目な態度を一部で指摘されたりと。

ワタシが想い出したのが25節のJ1初ゴール。

少々ジャッジでゴタゴタしてた最中、

副審に詰め寄った際のチンピラみたいな態度で

詰め寄ったあの態度。

「ヤンチャ」と「無礼」は異なります。

ママタレのインフルエンサーも無礼はビジネス

と思いきや【素】であることが発覚し

活動自粛に追い込まれてる事例。

あーゆー態度を示せる若手ってゆーのは。。。

ワタシは感心しませんね。

そんなも多少アタマをよぎったので、

この試合の不出来はメンタルやったのかな?と。

【我慢】も覚えないといけません。

 

この交代の数分後に、セレッソが逆転!!!

今季得点する気配なかったCKからの流れ。

 ソウザのショートコーナー

フリーで亜土夢が受けシュート!!!

ゴール前でエウシーニョ選手が足で引っ掛けるも

ルーズになったボールに!!!

このゲームFWでスタメンの柿谷曜一朗

いち早く反応し【黄金の右足】を

ボールにミートさせゴーーーール!!!

 

曜一朗今季ホーム初得点に、

セレッソ今季初の逆転弾!!!

 

ゴール決めた曜一朗は真っ先にアップゾーンの

藤本康太に駆け寄り抱擁!!!

年上の康太捕まえて「コータ」と呼び捨てに

するのは昔からですが、

そんな曜一朗の成長をずっと眺めていたのも

藤本康太

今年なくなったですが、ゴラッソセレッソ

何年前かのインタビューで、藤本康太

曜一朗の責任感の大変化に凄い関心してたの

思い出しましたね。

 

この数年、メンタル面で揺れること多々の

柿谷曜一朗ですが、

こーゆー展開では魅せますね。

色々言われますが、やっぱり彼は

【持ってる】

のでしょうね?と。

 

逆転に成功したセレッソに追撃すべくエスパルス

ですが、かなり迫力には欠けたかな?

やけど、セレッソもカウンターで息の根

止められなかったのも事実。。。

 

トドメ打てないのは、今のチーム編成かな?

 

 そんなこんな言ってるモンの

今季ホーム最終戦を勝利で終えました。

 

順位ですが、

川崎フロンターレさんが敗戦し

セレッソ大阪が勝利したので

勝点差1で最終節へ。

 

セレッソが順位上げるには

セレッソが勝ちフロンターレさんが負ければ

勝点差でセレッソが上回り4位になります。

実質はこの展開しかないですね。

可能性としては

セレッソ引き分け・フロンターレ負けで

勝点ならびはしますが得失点差が

フロンターレ +22

セレッソ   +12

と 10点も差があるので、

J2最終節の柏vs京都みたいなコトが

ない限りはひっくり返りません。

 

Jリーグからの分配金を考えると

4位フィニッシュ狙いたいトコ。

問題は3位の鹿島さんが天皇杯獲ると

4位クラブにACL予選出場が

繰り下げで権利発生する。。。

なんべんも書きますが、

【来年はタイミングがサイアク】

なのでACL出場権ない最高順位で

フィニッシュして欲しいです。 

 

 

セレッソ一筋15年、藤本康太の引退に

花を添えること出来ました。

 

藤本康太はモニーとのCBですかね?

元々は右サイドハーフやったかな?

噂によるとめっちゃ身体能力高かった

みたいですが、凄く怪我の多かった選手。

サラブレットの様な繊細な選手やったんかな?

 

後輩の面倒見も良かった様で

惜別メッセージに古橋、乾に香川。

までは納得ですが、

どーも「元セレッソ」を封印してるフシ感じた

南野拓実まで登場したのには驚きましたね。

そんだけ後輩の面倒を見てたんやなぁ~と。

サッカー界で1チームで10年以上在籍し

入団から引退までってのは稀ですね。

 

このセレモニーや選手コメントを踏まえて、 

ワタシの直感ですよ。

このオフ、曜一朗は出て行きますね。恐らく。

もう義理立てする選手が居なくなり

また昨年の様に監督が実質の更迭となり

それに不満抱いた生え抜きが出て行ってしまい

彼なりにも、そう居心地の良いチームでは

無くなっているんじゃいないかと。

あくまでワタシの直感です。

さぁこのオフどうなるか?