大阪からマリーンズを応援し、地元でセレッソを応援するおっさんのブログ

NPBはMarines、JリーグはCerezoを応援する、おっさんのブログ。娯楽もちょこちょこ書いてみます

《マリーンズ》マリーンズの投手やから・・・

2018年 8月15日(水) @札幌ドーム

19回戦

千葉ロッテマリーンズ 1 - 4 北海道日本ハムファイターズ

 

ファイターズ村田透投手に見事に弄ばれた試合でした。

 

酒居は投手個人の内容としたら文句のないピッチング。

ホームランの打たれ方に対し、本人のコメントからも

『1球に対する意識』という課題を挙げています。

 

ワタシ眺めてて感じたコトですが、

今のマリーンズ投手陣に必要なこと、

勿論沢山ある中で『自分らしい1球』っていうかな?

雅やんコーチは自身の勝ちよりも

『1球1球を大切に』ってのをスローガンっぽくしてるけど

【今のマリーンズやから】って大前提で書きますが

今、一番必要なのは

『野手陣のリズムを考えたマウンドさばき』

こっちの方が重要度が高いような気がします。

 

モデルになるのはボルシンガー。

極貧打線のマリーンズですが、この人が投げると

それなりに撃つし、ロースコアでも試合が締まる。

『そのココロは?』

【投球の間】と【マウンドでの雰囲気】

これやないかな?と。

 

野球ってスポーツの特性上、守備機会の中心になるのは投手です。

ボルシンガーが投げてると、守備で良いプレーが出るし

ここがワタシ大事なのか?と考察するのが

【一緒になって凄く喜ぶ】

周りを盛り上げることが上手いなぁ~と。

マリーンズ投手陣って、たぶんですが【雅ヤンの教え】を

聞き過ぎるが余りに、凄くマウンド上での

『ゆとり』『余裕』がないのかなぁ~と。

なにがあっても微動だにしない涌井のクレバーなマウンドさばきは

これも【投手らしい】さばきですが、

このスタイルでは今の野手陣にとっては

『シンドイ』のかも知れません。

 

ついでの余計な推測ですが、

雅やんと直さんの両投手コーチの配置転換を行ったのも

野手目線からの井口監督の判断なんかな?と。

雅ヤンの現役時代ってバッターとだけ勝負してたからね。

無双やった時は頼もしかったですが、

下り坂になってもそのスタイル変えずにピッチングするのに

里崎なんか露骨に嫌悪感表し、勝ちで〆ても

雅ヤンは完全無視で他の選手とハイタッチしてた程

【自分本位】なピッチングしてましたからね。 

 

ほっとっても打ってくれる打線があるチームやったら

投手陣は自分の納得いくボールを投げることを

追及したらいいんだと思います。

しかしマリーンズはチーム事情がそれを許さない。

こんだけの貧打線であってもスタメンオーダーは?

今のオーダー以外は考えられない。

昨日のゲームも7回でしたか?角中から始まる左打線に

宮西投手をあてて来て、安田んトコに代打清田を送ってしたけど

『同じ凡打するんやったら、安田が三振した方がマシや』

と思ったのはワタシだけかな?

そんで結果は代打で登場しながら【見逃し三振】

「繋ぐ」と「逃げ腰四球」を混同してるなぁって。

 

そんなんやから、投手陣は非常に難しいと思います。

でも、打線のリズムも想定するのも投手の役目だとも思います。

野球はひとりでするスポーツやないから。

 

今日のゲーム、相手先発は藤岡貴裕なんですね?

そんでマリーンズは久しぶりの土肥くんです。

 

どんな試合になるのかな・・・

 

 

《セレッソ》(J1限定)ホーム清水戦の神がくれた勝利やな

2018年 8月15日(水) @キンチョウスタジアム

J1 第22節

セレッソ大阪 3 - 1 清水エスパルス

 

試合前日のどっかのプレビューで

セレッソ千載一遇のチャンス」

なんて見出しをつけた記事を眺めて

『この記者はナニに忖度しとんねん?』と。

 

ずっと勝ってないんですよね?なので

ドウグラス選手欠場で千載一遇のチャンスと言われても

『あっそう』

ホームの清水戦は1999年以降「負けなし」と言われても

ワタシには16年のJ2時代清水戦の後半ロスタイム

立て続けの失点で撃墜された記憶の方が遥かに大きく

『そんな迷信アテになるか』

と冷め冷めモード全開。

なんてったって、リーグ再開初戦にアウェーで

0-3でいわされた相手です。

 

セレッソのスタメンは前節と変わらず。

フォメも変わらず3-2-2-2-1です。

 

試合の方ですが、最初は『3バックがシックリきてる』と

見ましたが、どーもエスパルスさんに「持たされてた」感じ。

エスパルスさんはセレッソにボール持たして

自陣のブロック固めて、ボール奪ったらDFライン裏に

ボール放り込む、裏抜けカウンター一本狙い。

ボールキープしてセレッソは持ち上がりますが、相手陣の

半分程度までしか攻め込めない展開。

 

そんな時間が続きましたが、最初に決定的なチャンスを

作ったのはエスパルスさん。

 

ルーズボールをクリスラン選手と北川選手がヘッドで

パス交換しながらペナルティエリアに侵入され

北川選手が綺麗にDFライン裏に抜けフリーで

シュートを放つもフカしてくれます。

 

その他にも、クリスラン選手とヨニッチがポジションの

奪い合いからヨニッチがクリスラン選手を

ジャイアント馬場か?』と思う様な

かわず掛けからかわず落としで倒してしまい

エスパルスボールに。リスタート速くボールを

セレッソペナルティエリアにスルーパス入れ

北川選手がシュート放つも、今度はジンヒョンの

ナイス読みからのセーブでゴールを割らせません。

 

この他にもワタシが観た感じだと、サイドから

「ヨニッチのアタマを越す」ようなループっぽいパスを

「斜めに」放り込みヨニッチの後ろに落としたボールに

反応するような作戦を徹底していた様に見受けました。

 

そんなエスパルスさんの裏抜けカウンターで

再三再四のピンチが訪れたり、

エスパルスさんのCKからほぼフリーのクリスラン選手に

『ヤラれたぁ~』の強烈ヘッドを撃たれるも

クロスバー直撃で難を逃れたり、

『やっぱ女神がいるのかな?』って感じで

フィニッシュをフカしてくれたり、ジンヒョンがキッチリと

反応したりでゴールラインを割らせません。

 

ボール支配率はセレッソが60%を超えるが

『持たされてる』だけなので、相変わらず敵陣の半分以上に

斬り込めない時間が続きます。

 

 サイドチェンジのパスはあれど、ほぼ足元パスだけで

切り崩そうとするセレッソ

浮き球で裏取ってフィニッシュに持込もうとする

エスパルスさんの攻防。

健勇とフレイエ選手がやりあってお互いにイエローが飛び出し

少し流れが殺伐とし出すのかな?と予想しましたが

その後もそれまでと同じような展開ながら、

徐々にエスパルスさんのペースにハマり出します。

クリスラン選手ターゲットの浮き球だけやなく

バックラインからサイドを走らせるスルーパスで何度も

チャンスを作られる展開。

最後のトコの精度を欠き、セレッソは難を逃れます。

ここまでの攻撃で、前に推進した時に得点のニオイがする

攻撃をしていたのは確実にエスパルスさんやったと思います。

 

そんな展開ですが、先制点はセレッソに。

ジンヒョンからのゴールキックルーズボール

エスパルスが蹴り出すもキヨがカットしボールキープし

中央の健勇へグランダーのパス。

そのパスに健勇が足で合わせ見事ゴールし

セレッソが先制します!!!

やっとエース健勇にゴールが生まれます。

試合後のインタビューにてキヨと健勇のアイコンタクトで

繋ぎ切ったゴールっぽいですね。

ここまで得点のニオイがするセレッソのシュートは

健勇のヘディングくらいやったか?

ずっと致命的なピンチを迎えながらの展開で

パッと奪い切りゴールに繋げたのは良かったです!!!

 

やけど・・・失点が早かったですよね。。。

前節札幌戦と同様に得点後、数分で失点し振り出しに。。。

ずっと徹底してたヨニッチの後ろに落とすループパスに

クリスラン選手が反応し、チェックに行ったマルをなぎ倒し

冷静にゴールに流し込まれてしまいます。。。

セレッソのディフェンスラインの崩し方、ホンマに

徹底していたと思います。

 

 前半は1-1で終了します。

 

後半の入りですが、お互いちょっと変えてきたかな?って印象。

セレッソは球離れを速く

エスパルスさんは内・外・内で崩すスタイルに。

ワタシにはそう見え、チャンスを作っていたのはエスパルスさんで

サイドからのヒヤッとするクロスを放り込みますが、

ここも最後が合わないし、合わせても枠に飛ばない。

やっぱJ1限定のvsエスパルス戦には女神がついているのか?

とまた感じる程、フィニッシュんトコの精度をエスパルスさん

欠いておりました。

 

 そして×2、待望の追加点がセレッソに!!!

後ろでのボール回しからゆっくりした流れからジワジワと

ボールを前に進め、これに合わせ上がっていたオスマルが

逆サイドをあがってきた陸にサイドチェンジのパスを供給。

陸のクロスは相手DFに弾き返されるも・・・

 

クリアボールはエリア外でソウザが回収し、キヨへパス。

キヨがアーリークロスをファーに放り込むも相手にクリア。

2度クリアされたボールはほぼピッチ中央まで下がっていた

オスマルが回収し、すこし前に推進し、右サイドの陸へパス。

 

陸とキヨが小さくパス交換してるトコに相手が2枚

食いつき、エリア内の空いたスペースに再び木本が走り込み

その木本にキヨがパス。

この時ですが、たぶんソウザは木本に気付いて

なかったんやないかな?

キヨのパスを追いかけるとその先に木本がいるのを確認して

走るコースを変えますが、今度は木本がソウザのポジション

見えてたかな?

相手と1対1を作ってから後ろのスペースにボールを出すも

ボールスピードとソウザのラン速度が合ってなかったですが

ソウザがよう我慢して右足アウトサイドで当てたボールが

見事にゴールを突き刺し、セレッソに追加点が入ります!!!

ここはチーム全体の決め事あっての攻撃やったんかな?

後ろにヨニッチ残して、オスマルも木本も高いポジション

取ってました。

木本のナイス読みとソウザのソウザらしい足技で見事なゴール。

これで一気に盛り上がった感じですね。

 

さぁ得点したのはイイですが、その得点直後に失点するのが

今の現状を物語るセレッソ

今回はどう守るのか?と見守っていると・・・

守るどこか攻撃にシフトした感じかな?

ソウザが真ん中で動き出すと攻撃が活性化しますね。

左サイドで俊幸とパス交換し、今度は中央で健勇とパス交換し

最後は右サイドのキヨとパス交換し、エリアに侵入しシュート。

シュートは相手に当たり得たコーナーキック

右サイドのCK担当はマル。

CBの3枚が全部エリアに入ってくるので

ソウザはカウンター対応の守備に下がる姿が

なんか面白かったです。でのコーナーキック

試合後のエスパルス監督さんが激高していましたが、、、

 ワタシ、ルールがよく判ってないのですが、

このシーンのオフサイドのラインは相手ディフェンスの石毛選手でなく

GKの六反選手になるの???

木本のバックヘッドだけやったら文句ナシやが、

ボールの行き先に俊幸がおって、それもGKより前のポジション。

且つゴール直後は木本のゴールやったのが、

後にオフサイドポジションの俊幸にゴール変更されたので

大発狂してたみたいです。

これは誤審なんですかね?非常に微妙な判定なんかな?

ただピッチの選手はダレ一人としてオフサイドアピールしてなかったし。

選手も瞬間のコトで状況が呑み込めてなかったのか?

エスパルスの監督と、試合後のヤフコメ主だけが発狂してた

木本から俊幸に訂正されたゴールでセレッソの2点リードとなります。

 

この2点差。セレッソにとっては精神的優位に立てるゴールでしたね。

これ以降はお互いが疲労から動きが鈍る時間帯に突入します。

セレッソはムリをせずジックリと時間をかけ、

エスパルスさんは攻撃に転じたいが、選手それぞれが疲労から

思うようにカラダが動かずって風に見えましたね。

 

そんで試合終了のホイッスル。

 

やっとこワールドカップ中断明け8戦目?にして勝利!!!

久しぶりの勝ち点3をゲットしました~

 

 

この試合はセレッソにとって良いジンクスが救ってくれましたね。

前半に食らったカウンターが1発でも決められてたら

全く逆の目やったと思います。

完全にウィークポイントをスカウティングされた攻撃。

フィニッシュの精度を欠きまくってくれたおかげ勝利。

アノ攻撃もこの酷暑残るナイターでは前半が精一杯かな?

この暑さでこの連戦。ずっと走り回るサッカーは

どこのチームも恐らくムリやと思います。

 

セレッソも3バックシステムで落ち着きを取り戻しつつあるかな?

というか、前回も書きましたが、現在のメンツを活かすには

攻撃陣に故障者抱えるセレッソですから、オスマルまで

十分に起用するとなると3バックになりますね。

このシステムですが、試合前半の攻撃が難しいですね。

ビルドアップんトコで健勇が落ちてボールを繋ぐ、

全線でサイドに流れてボールキープする。

そのアトの攻撃バリエーションが今は見えません。

ってのと、攻撃が真ん中に固まると同時に、

セレッソがこれまでの【文化】として陥る

『足元パスのみの繋ぎ』って悪癖。

ジンヒョンを含む後ろのラインから正確なフィードを蹴れる

選手が今は揃っているので、サイド変えたりってこと

まだ出来ていますが、それが無かったら、昔と変わらない

セレッソって印象を受けますね?

曜一朗とか山村が戻ってきたらまた違いが出るのかな?

ここは課題ですね。

 

まぁ、なにはともあれ、どこまで勝てないか?と心配しましたが

勝点3獲れたことがなによりです。

 

なんか昨日は、この勝利が嬉しくて、中々寝付けませんでした。

当ブログのもうひとつの柱である千葉ロッテマリーンズ

全くのダメダメ試合で負けたから、余計にこの勝利が嬉しかった。

 

次はアウェーで長崎戦。

アウェー長崎戦といえばJ2時代に曜一朗が後ろから引っ掛けられ

故障し、あれ以降故障離脱が続いている、

ワタシにとって少々想うことのある対戦相手。

ここもシッカリと勝利して欲しいと思います!!!

 

 

《学生指導》これは監督のワンオペで改善することやないと思います

オリックスバファローズのマリーンズキラー西投手の親戚?らしい

創志学園2年生エースの西純矢投手です。

 

vk.sportsbull.jp

 

最後の最後に試合がもつれて、終わってみれば179球ですか?

監督さんもこの素材を見てしまうと交代って選択肢は

出せなかったのかな?

ここで敗退になったみたいですが、まずはカラダのケア。

良い素材だけにこれがキッカケでカラダが壊れたなんてコトに

ならない様に。

 

その一方で壊れる危険度が高そうなのはメンタル。

派手なガッツポーズで再三注意を受けている模様。

ガッツポーズというよりも感情コントロール

出来ない子のようにワタシには映りました。

 

このメンタルケアですが、これはここの野球部の監督さんが

どうこうして治りそうなモンではないとワタシは考えます。

これは躾の問題やなく『心の問題』やと思うから。

 

どーしても、こーゆーことも全部一緒にしてしまい

なんでもかんでも監督やコーチの指導としますが

彼等は野球の監督・コーチであって、メンタルケアの

指導者ではないということ。

 

これを全て『ワンオペ』で括ってしまうことが

日本のアマチュアスポーツが閉塞感を持ち

それぞれが独自のローカルルールで発展し

日大アメフト部やボクシング連盟みたいな

おかしな組織にしてしまう元凶かと。

 

この学校は私学でしょ?

なら尚更、この投手で野球部希望者を集めたいなら

メンタル指導員採用して、来年の春のセンバツまでに

何らかの改善の兆しをもたらすべきです。

 

コメントで批判する側も監督どうこうって

考えてる時点でスパルタ・パワハラ容認と

同じ考え方やと思います。

これは躾の問題や無く【心の問題】

 

このことに、ちゃんと向き合ってやって欲しいと

願っております。