大阪からマリーンズを応援し、地元でセレッソを応援するおっさんのブログ

NPBはMarines、JリーグはCerezoを応援する、おっさんのブログ。娯楽もちょこちょこ書いてみます

《マリーンズ》動くのが早かったな。

4/23の今季最長ドローゲームです。

 

先週より覚醒?した勝利の方程式

’19verの一角である唐川が炎上し

逆転を許すも、

「ホンモンのキャプテンに

【胸のC】はいらないぜ!!!」

鈴木大地のホームランラグーン弾で

同点に追いつき、

両チームとも失点しない最大限の

継投劇でドローで試合を終えました。

 

唐川の炎上ですが、このゲームは

『唐川だった』だけやと。

勝利の方程式継投のメンツ

種市⇒酒居⇒唐川⇒益田の4投手ですが

リリーバーとしてシーズン経験あるのは

最後の益田だけ。

もうひとつ言うなれば、シーズン通じて

1軍でプレーすることを経験しているのも

益田だけやないかな?

唐川は故障や不調で2軍落ちしますので

実質シーズン通じて1軍の経験って怪しい。。。

 

 そーゆーコトを織り込むと、

『ちょっと動くの早くない?』と

ワタシが感じたのは6回ウラ。

2アウトからタイムリーを放った

レアードへの代走起用。

アウトカウントは2アウトで1塁。

これが2塁ならまだしも、1塁で代走???

レアードが故障面での不安を抱えている?

のならですが、ワタシはまだ波乱を想定していたので

『井口、早いっ』って感じましたね。

 

残念ながら7回から12回までの6イニング、

代走に出た三木に2打席周りましたが・・・

せめて8回ウラは三木やなくレアードやったかな?と。

 

信じるキモチを起用で表すことも監督の意思を示す

上では大切ですが、

まだリリーバーとして実績のない投手ばっかのスタッフで

打線を落とすってのはどうなのかな?

かつレアードのサード守備は中の上のレベルにあり

「打つだけの守れない外国人」ではありません。

そんなコトも含み、踏まえて、ここの起用に

ワタシは疑問を持ちました。

 

 

公示の件ですが、

やっとアジャが復調し1軍登録。

相当実力の程が疑わしくなったバルガスの

7番の打順に座り、2安打&タイムリー!!!

出遅れたけど、4月中にメドつけて戻って来たのは

大きいですね。

アジャ復帰でファーストに座り

ファーストの大地がセカンドに

セカンドの奨吾がDHに周りましたが、

奨吾の目下の状態では、まだ守備は難しい?

ファーストの守備力でいうと、ワタシは

大地よりアジャの方が上手いと。

大地DHゆーのも、贅沢やなぁ~と思ったトコで

これは喜べる事象ではないが奨吾の負傷。

なんとなくですが、みんなが旨く収まった印象ですね。

 

で、懸案事項はバルガスですね。

昨日の代打で登場し、四球を選んではいますが。。。

相手が【1発警戒】でビビリ倒して貰った四球。

まぁこれは『持ち味』だとは思いますが、

ワタシの推論ではありますが、バルガスは基本

『四球待ち』で打席に入ってる感が否めず

 ストレートや速球系の球種にはほぼ対応出来ておらず

ヒットにしてるのはチェンジアップ系ばかり。

ワタシが捕手なら、

チェンジアップ系はボール球要求して

ストレート系をストライクゾーンに投げさせて三振奪う

そんな組立しますね。

勿論、投手の投げ違いとかはありますが、

速球系はストライクゾーンに行っても、ベルトより上なら

ファールが精一杯でほぼ抑えられると思います。

 

レアードが好調どころか【お得感】が強過ぎるので

バルガスの評価がボヤけていますが、

ダフィ・パラ⇒ドめんゴの継投臭がプンプン

してますね。。。

 

総力戦のドローゲームから今日の試合。

また投手継投は避けたいけどなぁ~

先発岩下が長いイニング投げれる試合展開にしたいなぁ。

昨今「消化ゲーム議論」が渦巻いていますが、

今日のゲーム、場合によっては

東條や田中靖や場合によってはチェンが

2イニングづつ放る様なゲームもアリかな?と。

勝ちパターン投手の起用が慎重になるかな?

GW日程で金曜日の予定が空いてはいますが、

ずっと勝ちパターンばっか投入ってのは。。。

 

昨日ゲームが凄いビミョーなだけに

今日のゲームは表現難しいですが、

【どんなメンツで勝利を目指すか?】

難しい1戦になると予想します。

 

 

 

《マリーンズ》ボルシンガーっぽいピッチングで4連勝

先週末に叩きのめされたファイターズ

とのカード。

 

ファイターズとの対戦は

負けるゲームは【質の差】を

魅せつけられる敗戦するのが

メンタル的に重く、

且つそれがビジターの札幌だと

札幌のファイターズファンの

熱気に圧されしまうのと、

実況の近藤祐司のしょーもない

メジャー実況?かなんか知らんが

くだらないテイストを被せてくれるので

イライラがMAXになってしまいます。

 

そんなファイターズとの対戦。

今回はホームZOZOで土日の2連戦です。

 

このゲーム先発のボルシンガー

昨年のオールスター明け以降

思わしくピッチングにフェードアウトが重なり

今季においては、ワタシ相当心配してました。

昨年は出来すぎで現実的な安定感は?って意味で。

現に前2回の登板はイマイチやったし、

1回目と2回目間は肩?肘?の違和感で

ローテ1回飛ばしているし・・・

昨年をベースに評価するのは酷やなぁ~と。

 

そんなボルシンガーですが、このゲームでの

ピッチングは昨年を彷彿するような

テンポの良いマウンドさばき。

それとイニング終了時に

田村と会話しながらベンチに下がる時の雰囲気に

野手のナイスプレーがあるとそのプレーを

称えるジャスチャー。

登板順的にも土曜日がメインなので

相手投手も主力どころとのマッチアップが多く

援護を見込むこと難しいローテで、

現に援護も少ない中でも、イラつくことなく

野手を鼓舞というか良い雰囲気を作り出す

【マウンドさばき】

この投手最大の持ち味はソコじゃないかと

ワタシは考えています。

 

6イニング93球、失点は中田選手の1発の1失点。

相手に的を絞らせないピッチングに

3回の中島選手のスタート速いのにも

冷静にマウンド外し挟殺プレーでアウト奪うとか

『らしい』マウンドさばきやったと。

 

次回以降も期待したいと思います。

 

打線の方は花火を打ち上げずとも

要所でタイムリーで得点してたことは

喜ばしい傾向なのかな?と。

投手が粘ってたのに応えた感じですかね?

 

7回以降は水曜日は6回に種市投げましたが

7~9回は酒居⇒唐川⇒益田のリレーで勝利!!!

 

ひとつのパターンが形成されつつありますが、

実績面では、7・8回はこれから積み上げ

していく課程ですし、

最後の益田わ・・・

ワタシ的には例年、連投と比例して内容悪化し

ファーム落ちしても、ほぼ復調せず戻ってくること

繰り返しているので、まだ・・・

入団以降、ずっと年間50イニング前後投げてるので

仕方ないといえばナイですが、

ちょっと荷が重いのかな?と。

でも、不思議なモンですね。

同期ドラフトで国内FA取得する活躍してるのは

3位の大地と4位のほぼ隠し玉指名の益田との2人。

当時最上級素材とされたドラ1藤岡は思う様な成果が出ず

ファイターズへトレードで移籍し、

2位の中後は早々に戦力外となりましたが

シンデレラサクセスでアメリカに渡り、

残念ながらメジャー昇格はならなかったですが

逆輸入でNPBに復帰するも、

ちょっとビミョーな感じですし・・・

『益田は連投が・・・』なんて思ってしまいますが

戦力やからする評価で、

鳴かず飛ばずだったら、その次元にも及ばない。

辛口やけど、益田の貢献度は高いこと承知しています。

 

今週はちょっとヘンな感じで好調です。

4連勝でヘンな感じというカンソーがヘンですが

今のマリーンズが自力で4連勝をしてるコトが

ワタシにとってはサプライズかな?

今日4/21のゲームは、先週の日曜日同様に

マリーンズ石川 vs ファイターズ有原投手の

マッチアップ。

そうそう得点奪えない好投手の有原投手を

マリーンズ打線がどう攻略するか?

石川は我慢のピッチングになろうかと思いますが

見応えあるゲームを期待したいです!!!

 

《セレッソ》この監督では限界やな

2019年 4月 20日 @IAIスタジアム日本平

J1 第8節

セレッソ大阪 0 - 1 清水エスパルス

 

J1上位クラブよりは劣りはするが

中堅は自負できるほどの戦力は揃っています。

 

GK ジンヒョン

CB ヨニッチ・木本・山下達也

CMF ソウザ・デサバト

SMF 陸・マル

OMF 曜一朗・キヨ

FW メンデス

 

SUB

圍・片山・コータM・奥埜・

亜土夢・都倉・俊幸

 

韓国代表常連のGKに

Kリーグベストイレブン選出歴ある

CBに

ボランチは屈強かつ強いシュート放てる

ブラジル人に

守備力には定評のある

アルゼンチン人

両サイドは若くから才能を認められ

多少伸び悩み感はあるにせよ

縦へ抜けるセンスに長けた右サイドに

変幻自在のキックをを持つ左サイド

トップ下はガラスのエースであるにせよ

ドイツやスペインでプレー経験を持ち

未だに日本人移籍金ランクでは

上位にランクされる逸材に

わがまま?天才?評価は分かれるも

日本人離れしたインスピレーションに

敵味方、スタンドの観客さえも欺く様な

ボールタッチで相手を翻弄する

もうすぐ30のジーニアスに

母国ブラジルでは将来を嘱望される一人

との噂もある見た目よりウンと若い

ブラジル人

 

SUBメン眺めても

GK、DFはまだ実績不足感は否めませんが

共にJ2クラブではスタメン張った存在に

それ以外の選手はかつて所属のチームでは

中心選手として活躍した面々。

 

これだけの素材が揃いながら志すサッカーは

【後ろから繋ぐサッカー】らしいですが、

実際は

『なんとなく後ろに下げてポゼッション率だけ

上げるサッカー』しかしない、

サッカーは『点を獲るスポーツ』

なのに

【ボール回し、保持率でポイント稼げる】と

勘違いしたかの様なことしかしない。

 

ティーナサッカーでは限界ですね。

J2での采配実績はゆーてもJ2

J2とJ1ではサッカーの資質が異なること

何度となくJ2落ちしてるセレッソなので

なんぼワタシがしろーとファンやゆーても

心得ている。

それと申し訳ないが現在の

セレッソ大阪と東京ベルディの資金力に素材

少し選手に芽が出れば青田買いされてしまう

ベルディと

J1中堅やや上の資金力で選手口説き落とせる

セレッソと。

 

ベルディで実践したサッカーを

セレッソでもってのは別のハナシ。

 

初動の擦り込みのアプローチを誤ったのか?

今のセレッソはゼンゼン攻撃する意思が見えない。

なしてカウンターで攻め上がってするも

ピッチ中央で急ブレーキ踏んで後ろに下げる?

 

意味が分かりません。

 

そんで試合を追う毎に、どんどん意味不明になる

陸とマルを1列上げた意図。

 

今季の攻撃の最大パターンかと思われた

松田陸を基点とする攻撃パターンも

この数節、ナニを意図してるのか不明な様に

相方をとっかえひっかえし、

この試合においては、とうとう機能不全に陥った感覚。

 

左サイドは開幕から迷走していますね。

なんぼマルのクロスが秀逸とゆーたかて

あんだけタッチラインからし

上げる選択肢がなけりゃ・・・ね。。。

 

これまでのスタイルを刷新し

100歩譲って

【今は攻撃スタイル構築期間】

と割り切ったとして、

『どう得点奪う?』

とすると、CKなりFKなりのセットプレー。

 

これの得点を予感する風景といえば

『ソウザのどっかんFK』の一択。

 

ユン体制も初年度の開幕から夏に差し掛かるまで

『流れの中からの得点』って意味では

苦しんでいたですよね?

その中でも得点をGETする策として

コーナーキック

そのバリエーションで得点奪い勝点積み上げて

って策を取れたチームであったハズやのに。。。

 

キッカーをとっかえひっかえしてみたり

全然シュートに辿り着けず

いつも競り合い時のファールで試合止まって

相手ボールで試合再開。

 

そんな展開の連続。

 

なんかなぁ~

ポポヴィッチとか大熊ブラザースが

実戦しようとしていた

 

後ろでボール回すだけのサッカー

それと同じニオイがしますね。

 

ボール保持する意図だけで、

シュートに繋ぐ、撃つ

多少リスクを負ってでも

そこに繋ぐ意思ってのが・・・

戦術で禁止されているのか?

そんなカンタンにブロック崩れるほど

Jリーグ、ましてJ1リーグって

緩いリーグではありません。

 

選手のメンツに合わん監督チョイスした

編成部?強化部?の失策やな。

その因子が「クラブの至宝」を守るべく

執った采配?判断?がコレやったのか?

 

ともかく、Jリーグってスピードのないサッカーは

通用しないリーグやと。

外国人補強を眺めていても、

スピードのない外国人ってどのチームもフィットしない。

そんなリーグ。

そんなリーグで後ろからビルドアップするサッカーは

前線に余程強烈な個性を持つ選手が居ないと

成り立たないんじゃないのかな?

 

かつてイビチャ・オシムが語った言葉

「今いる素材をどう活かすか」

ここに尽きるのではないのかな?

 

フツーに降格候補まっしぐらです。。。