大阪からマリーンズを応援し、地元でセレッソを応援するおっさんのブログ

NPBはMarines、JリーグはCerezoを応援する、おっさんのブログ。娯楽もちょこちょこ書いてみます

《セレッソ》復帰を求めるのは香川真司のような選手

「掌返し」と批判されそうですね(笑)

入団会見のYoutubeリンク貼ろうと思ってましたが

今日の記事でいいかな?

news.yahoo.co.jp

入団会見一番のサプライズは

森島社長が満を持してブッ込んだ

「DFしたいといったらどうしよう」

がどスベりし、失笑さえ出なかったタイミングの

あの空気感・・・

たむらけんじを遥かに超越していましたね。

 

入団会見のコメントしかり

今日アップされている初練習参加後の一問一答

 

欧州帰りを自負すること一切なく

監督の求めることを実践できる準備をしながら

自身をアピールしていくといった辺りだったり

 

久しぶりに会話をしたというキヨに対しても

「これまでセレッソを牽引したこと」に

リスペクトしながらコミュニケーションを

深めていくといった様な姿勢だったり。

 

これまでのセレッソ大阪の歴史では

ビックネームを獲得すると

そやつの意向に引っ張りまわされて

右往左往しチームがバラバラになった歴史。

 

その辺りを熟知してる小菊昭雄なので

昨年の「乾貴士の造反」に対し

推測にはなりますが、

森島寛晃社長より梶野智消化本部長より

毅然とした態度で「必要ない」って姿勢を

明確に打ち出したのかも知れないなと。

 

そーゆー過去からの反省も踏まえての

香川真司へのオファーなら

それは【アリ】だったんかなと。

 

サッカー以外でも香川真司は冷静ですね。

 

「大阪はニュースつけたら野球が人気」

 

と世間を客観的に考察してるあたりも。

 

どっかの目立ちたがりのギョロメみたく

「野球は入れ替えないのはおかしい」とか

ヌカしてたけど、

 

『批判じゃない』と再三再四の注釈をいれ

キリトリにYoutubeの無断転用厳禁と釘打って

アップされた里崎チャンネルで

ギョロメに意見する様な姿勢は一切示さずながら

実質的に【完全論破】されていましたね(笑)

 

『優勝争いより【降格争い】が注目されるのは』

って下り、完全に【論破】だと(笑)

 

 

ハナシを元に戻しますが

チーム内で不協和音を奏でるような選手ではない

ところはめっちゃマルな選手です。

 

課題は『スキル』の面ですね。

手術明けだとか、年齢からの衰えだとか。

Jリーグは「スピードのない選手は通用しない」

ギョロメがJに復帰しないのは

あのヒトは昔っからスピードなかったから

今の実力じゃ通用しない分かってるから

復帰しないんでしょうね。

 

その【スピード】が香川真司にどれほどあり

Jで通用する、

Jでは違いのあるスピードを示すか?

 

ナイスガイなタレントなだけに最低限

【補強に見合う】選手であって欲しいです。

『イイヤツ』だけでシーズン終わらないこと

願っております。

 

 

《セレッソ》「情緒」は不要。これは【補強】ですよね?

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

www.soccer-king.jp

 

香川真司セレッソ大阪復帰。

 

元々、セレッソで育ち羽ばたいた選手なので

セレッソ大阪でJ復帰してくれること

それはファンとして、自身の応援するクラブに

「クラブ愛」を感じる復帰は嬉しいです。

 

が、、、

 

『これは【補強】ですよね?』とドライに考えると

果たしてそうなのか?

 

この直近の4、5年はほとんど目立った活躍しているの?

「海外だから~」でどこのリーグでも

欧州ならJ1よりも格上のリーグなのか?

ワタシはJ1リーグがそんなレベルが低いとは思わず

スペイン2部に、4ヶ月の浪人期間経てギリシャに移籍。

しかしここでも膝の故障で1年で退団し

昨季はベルギーの日本人が経営に参画するクラブへ。

ここでも18試合2ゴール。

 

『ホントに【補強】なの?』

クラブの、そしてニッポンの「香川真司」なので

過去の数々の活躍・栄光がさも「直近」みたいな

あたかも「Jで違いを見せる」ことありきみたいな

 

ワタシ、このバカ騒ぎが凄く嫌で嫌で仕方ないです。

 

 

香川真司セレッソからドルトムントへ旅立ち

そこで主力として大活躍し、実績を上げ

『日本人選手』であの当時は世界で5本の指に入る

ビッククラブだったと確信する

マンチェスター・Uに完全移籍を勝ち取った実績、

これは口だけ番長のギョロ目のヒトなんかよりも

遥かに偉大な選手であることは間違いなく

リスペクトしています。

 

でもね、今、求めるのは

『今季のセレッソ大阪で【現実的に】

戦力として計算できる、

かつ【補強】というに相応しい選手なのか?』

 

それとね、サッカーフリークが大好きな

「海外経験の還元」ってヤツ

あれってなんなん???

 

もう日本サッカー・Jリーグはそんな時代では

ないんじゃないかな?

 

中田英寿がセリアAに挑戦してから

もう四半世紀を経過し

色んな選手が欧州挑戦し

大概のことを持ち帰っているのでは?

 

「海外経験」を軽視するつもりはありません

ただ【海外】ってだけで未だに

『過大評価』する層の思考力、

意味がわからないです。

 

森島寛晃社長のいう「勝者のメンタリティ」

これをどこまで備え、そしてこの数年間で

錆ついていないのか?

ちょっとこの辺りも正直なとこ怪しく

あまり求めてはいけないのかな?と。

 

 

ワタシは香川真司セレッソ大阪復帰

【補強】として解釈しているので

シーズン開始したらあくまで

『イチ選手』として考察します。

ネームバリューのある選手なので

レオ・セアラやクルークスと同順ないし

それ以上の活躍して普通。

それ以上のプラスアルファを

どれだけ生み出すか?に注目します。

 

乾貴司みたいに

「ジブンはスペイン帰り」を過大評価し

監督にまで盾突くようなこと

これは絶対にしないと思ってますが。

また小菊監督も、おかしな特別扱いなく

フラットに選手評価する監督だと見てるので

小菊監督にどのタイミングで呼ばれるのか?

 

まずはフツーにプレーできるコンディションなのか?

ずっと膝のコンディションが整いません。

なんてコトになったら、これは編成部の大失態と

評価しないといけません。

まさか「香川真司だから」で

メディカルチェック不問で契約

なんてことはナイと思いますが・・・

 

遅くとも3月アタマには最低でも実力で

ベンチ入りしてるんが最低ライン

あとはスタメン常連となるか

途中出場ながら『違いを魅せる』ジョーカー的

役割を果たすのか?

これまでの真司のイメージでジョーカーはないかな。

 

香川真司は「客寄せパンダ」じゃない

『真の【補強】選手』であること

そこに期待したいです。

 

 

あー----

今のバカ騒ぎがイヤでイヤでたまらない

《Jリーグ雑談》「大型契約」結果論だけど大失敗に・・・

DAZNがまた値上げするみたいです

news.yahoo.co.jp

ワタシはDAZN for docomoサービス開始すぐに

契約したヘヴィーユーザー?なので

今のところ値上げの影響は受けない感じ?

この先どうなるか分かりませんが・・・

 

しかしながら、ワタシがスポーツ中継を

有料で視聴するってライフスタイル

25年前にスカパー!が出現し

パ・リーグの全試合が視聴できるんだって』

って情報察知してすぐに、

当時、10万円ほどするチューナー買って

衛星放送アンテナ取り付けてインフラ整備し

記憶するには、基本料金+番組視聴料

基本パック+野球パック+Jリーグで

7,000円~8,000円 / ヶ月

を毎月支払ってました。

 

それを考えるとまだこの価格設定、

DAZNが日本上陸した当時と比較すると

5年そこらで約3倍にハネ上がってるのは

ビックリしますが、、、

最初はゆーても、多少赤字垂れ流しても

キャンペーン期間で安価設定し

安定領域に入ってくると収益化するのは

商売の常識ですからね。

 

『DAZN』というサービスをどう評価するか?

ワタシは

NPB・千葉ロッテマリーンズの中継

交流戦カープ主催でなければ

144試合が視聴できて、

Jリーグ・セレッソ大阪の中継

34節ですか?が視聴でき

週イチのJリーグジャッジリプレイを

気の向き時に視聴してと考えると、

3,700円 / ヶ月

 

毎月のお小遣いの1/2近くを

クレーンゲームに注ぎ込む散財するヒト

からすると『高くはない』かな?

 

まだ「DAZN for docomo」長期契約の

恩恵にあやかり、約2,000 / ヶ月

の視聴契約で楽しませて頂きます。

 

こっから話題をシフトしますが、

 

そしてDAZN値上げの話題とは切り離せないのが

【Jリーグ】

一部サポから悲鳴の声があるとかないとか

www.chunichi.co.jp

かつてはスカパー!が放映権握ってたJリーグ中継

黒船DAZNが日本市場に参入し

Jリーグと巨額の放映権料で10年契約し

J1優勝賞金がグンとupし

連覇した川崎フロンターレさんが

上手いこと補強したりとか、

当初は「明るい」話題が多かったですが、、、

 

その当時は数年後に『こうなる』こと

全く予想しませんでしたが、、、

この巨額契約でJリーグ戦の映像使用を

縛り倒した弊害。

スポーツコーナーから試合ダイジェスト映像が消え

地方の地元クラブ応援番組でも

試合ダイジェスト映像の使用NG

試合映像はルヴァンカップのみ。

 

「時代はネット配信だぜ!!!」

なんて声が沢山あったけど、

『ネット配信は【マニア】の世界やろ』

 

我が家はワタシが

【NPBマニア】で【Jリーグにわか】やから

フツーに視聴環境があるので

我が家では至ってフツーですが、

周りとハナシをしていても

個人でDAZN契約してスマホ視聴してる人

NPBの特定チームを応援してるモンは

それなりに加入してますが、

ワタシみたく、androidTVにして

大型画面で視聴してるモンは皆無ですね。

 

やっぱね、スマホ画面って

「個人の世界」だから

裾野が広がらないですよ。

「現場の臨場感」なんて言いますが

年間34試合中、ホームは半分の17試合。

余程の確率じゃないと現地観戦なんてね。

 

そらサポーター平均年齢が上がる一方かと。

 

それに輪をかけての視聴料アップ

 

DAZNとJリーグの契約関連記事を漁ってみましたが

www.goal.com

2020年8月の記事ですが

2028年まで契約延長で2,239億円

 

凄い金額ですね。。。

 

そらこの金額示されたら

尻尾振るのは仕方ないですが・・・

 

この契約で失いつつあるモノは?

 

恐らくJリーグサイドも気付いてるんじゃ

ないですかね?

 

でも【何も意見できない】んじゃないかな?

 

ボクシングも注目の一戦が

ほぼほぼネット配信にシフトしてますが

あれも今後を見据えると『危険やな』と。

元々【マニア性】が強い競技といえば競技

目先の巨額放映権と引き換えに

未来の収益の『先食い』してる感覚。

 

それはJリーグも一緒ですよね。

 

やっぱね【独占】ってのは怖いですわ。

そう考えると元々から

ラジオ・テレビと一緒に

一部が報道関連企業と繋がってる

NPBの方が強いですね。

 

 

この先、DAZNがどこまま価格を上げてくるか?

ワタシはNPBとJリーグが視聴できる環境が

継続する限りは、そうですね、、、

5,000円 / ヶ月までなら契約続けるかな?

しかし、NPBが欠けてしまったら

今の2,000円 / ヶ月がボーダーですね。

 

Jリーグはある程度、

DAZNとの契約料を下げてでも

『試合映像映す』

地上波の露出機会を増やさないと。

それかYouTubeの無料配信。

クラブ単位でなく【Jリーグ】の括りで。

 

BSじゃなく、地上波で週イチ30分でいいから。

 

このままじゃホントにマズいと思いますよ

Jリーグは。。。