大阪からマリーンズを応援し、地元でセレッソを応援するおっさんのブログ

NPBはMarines、JリーグはCerezoを応援する、おっさんのブログ。娯楽もちょこちょこ書いてみます

《Jリーグ》21'off 記事拾い読みvol.2「ののむらさん」と「もりしまくん」

共に元Jリーガーで現在、

野々村さんはコンサドーレ札幌の社長

森島寛晃セレッソ大阪の社長

 

現役時代の実績は、だれがどうみても

森島寛晃の方が上。

2大会のワールドカップ日本代表に

2002日韓WCではホーム長居で

ゴールも決めているほどの選手。

 

そんで現在の社長業の実績は、、、

どう見ても野々村さんの圧勝。

元Jリーガーがとうとうクラブ社長を経て

Jリーグの次期チェアマンになるとかいう噂。

これはひとえに社長として

立派にお仕事された功績かと。

 

セレッソ大阪を応援する立場なので・・・

野々村さんと森島を比較することが

ナンセンスであるのでしょうが、、、

またこんな記事みて愕然としたり

怒りが沸々と込み上げて来るような心境とが

重なり合っています。

news.yahoo.co.jp

子供のサッカーチーム内の「ヘボいもん」発言。

ウチのにぃにぃもサッカーしてる時に

セレッソ大阪が好き』と言ったらバカにされたと。

その主語たるや「Jリーグなんかみてんの」から。

動画配信やらゲームやらで観る・楽しむサッカーが

バルサやレアルやマンUバイエルンやと

【欧州】がサッカーの中心になっており

ほぼほぼJリーグは「論外」の扱いされていましたね。

 

で、またここで森島寛晃が【幼稚な】発言を・・・

フツーに経営してる社長だったらスルー出来ますが

ずっとこのヒトこんな感じ。

いつまで経っても【アンバサダー体質】が抜けない。

「現場目線」なんて言ってるけど、

経営者は「現場目線」だけでは経営出来ない。

 

本文の

応援するクラブをやゆされる無念さ。切実な思いを伝えられた同社長は「あれを見て、一緒に悔しい思いをした。一段と強くなって、周りのお友達(の評価)を変えたいなと。改めて、絶対にセレッソを良いクラブにしたいなと思った」と語っていた。

 

この体たらくを生んだんは『経営者の責任』

ナニ一緒に「悔しい思い」してんのよ。

社長が【努力目標】【精神論】で経営してどーすんねん。

 

記事のタイトルにある

臥薪嘗胆(がしんしょうたん)の意

「復讐を成功するために苦労を重ねる・耐える」

という意味があるようですが、、、

これは記事書いた記者さんが付けた?

森島寛晃のコトバ?

そこがわからないですが、

今のセレッソ大阪の課題は、

こんな【根性論】じゃないでしょ?

課題は『コトを実行するにおいての目的・根拠』

ここを明確に表すこと。

それをもってして【目標】を掲げること。

そして経営には意図しない不具合・不都合が生じる。

それを事前に想定し、そうならない様に

そうなった場合にどう回避する・次の手立てを講じる

『リスクマネジメント』の存在。

今季の監督交代劇を見る限りでは

『リスクマネジメント』が存在していなかったか?

ユルい想定で【発動しない】条件設定になっていたか?

どっちでしょうね。

 

さまざまな根拠を無視してなんとなく

「ワクワク」とか「ファミリー」とか

っていう【曖昧な表現】を使うことで

「やってるつもり」になっている。

 

小菊が体制を立て直した。って

表現する記事多いですがワタシは

『小菊も危ない』そんな評価。

彼の致命的欠陥は

セレッソ大阪しか知らないこと』

バイトからスタートした指導者キャリアですが

セレッソ大阪しか知らない』

のは大きなデメリット。

 

それは『このクラブは一切【なにも】成し遂げていない』

ユン・ジョンファン監督時に

ルヴァンに天皇杯は獲ったですが

【継続して】強豪であった時代はない。

 

結局は体制として『ユルいトコ』があるから継続しない。

 

小菊がことあるごとに

セレッソファミリーの皆様」と口走るけど、

あんなこと監督がイチイチ・毎回言わなくてもいい。

どーもワタシはアノ発言がハナにつくというか

『そんな言葉で実状を誤魔化すな』

そんな想いになりますね。

 

これを繰り返すことがいかに

『軽々しい・中身の薄い発言』だということ

判ってない時点で、ワタシは

『小菊ではダメ』としてるトコです。

 

それこそ彼も他のクラブ、J1でもJ2でも

ヨソを見てからの方が良いと。

 

小菊昭雄も森島寛晃同様に【セレッソしか知らない】

物凄いウィークポイントですね。

 

 

ともかくして、

『勝てないことが悔しい』

を美化して取り上げてもらえるのは

マチュアスポーツ。

セレッソ大阪はプロのJリーグのクラブ。

クラブの志す方向性に対し具体的に

いつ・なにを・いつまでに達成するか。

それに対して明確に・根拠をもって進捗するか。

それがあってしてのプロセスで苦労を重ねること

あってしかるべきですが、

方向性を「ワクワク」なんてコトバだけで

片付けといて苦労も辛抱もあるワケない。

 

森島寛晃はどんなコンサルに騙されて

経営者をしているのか?

 

いつまでも『脳みそ筋肉』ではダメなんです。

 

梶野ごときに好き勝手にされてるし。

 

セレッソ大阪はJSPを稼がせるクラブ?

 

このアホな体制、

さっさと解消してほしいねんけど。

 

 

《Jリーグ》21'off 記事拾い読みvol.1

Jリーグレギュラーシーズンが終了し

これから人事に関する色んな話題

事実として現在進行形のハナシ

決定事項のリリース

単純な噂バナシ(ガセ含む)

 

で、ワタシが『あっ』と思った記事を

拾い上げてグダグダ語ります!!!

 

まずは!!!

news.yahoo.co.jp

『うっそ・・・マジか』

となんとも言えない感覚に苛まれたのがこの記事。

なんと扇原タカがイニエスタさまからの

【熱烈ラブコール】があって

『1億円』の価値ついての移籍とか・・・

 

扇原タカがセレッソを去ったのは

J2時代の2016年シーズン途中

当時書いた記事がコレ

《セレッソ》扇原タカ名古屋へ完全移籍 - 大阪からマリーンズを応援し、地元でセレッソを応援するおっさんのブログ

 

ハッキリ言って、ポジティブな移籍ではなかった

J2の速いプレスというよりも危険なプレス。

遅れてくる分、ケガさせられる予感漂うプレス。

それに気を取られナンも出来なくなってスタメン外れ、

確かソウザが試合開始早々に痛めて交代でinした時は

相手さんが対策準備出来て無かった分、ノビノビと

タカの『良さ』『らしさ』を存分に発揮するも次節、、、

対策された途端にオドオドなって、

余計なファール2発で退場。

で、名古屋に移籍って感じやったかな。

 

名古屋では大したこと出来ず、

たぶん故障もあって満足にプレーできずなトコに

当時の名古屋さんって小倉GM兼監督が大空振りして

J2降格となり、同時にタカも横浜Fマリノスさんに。

コン時もワタシ、ビックリしたですね

『またJ1、それもマリノスゆーたらステップアップ、

なんでなん???』みたいな。

 

それがマリノスさんでは「なくてはならない存在」に

なったみたい。

セレッソ戦は意外にベンチ外とかSUBとか。

カップ戦でスタメンあっても、

J1ではあんま対戦あった記憶がないですね。

 

そんな扇原タカが、1億円の移籍金設定で

ヴィッセル神戸さんへ移籍って噂。

また蛍とのコンビが復活するのか???

 

これはまだ正式リリースないので

動向に注目!!!な話題ですが、、、

 

ワタシはあのJ2でビビッてまって

イラついて2枚黄色貰ってピッチ去る姿の

記憶の方が鮮明で・・・

 

サポの掌返し食らわないこと祈ります。

 

 

お次はこのニュース

news.yahoo.co.jp

一昨日(12/5)の飛ばし記事では

移籍が決定的みたいな錯覚起こす触れ込みでしたが

コンサドーレさんに残留だそうです。

 

この選手は良い選手。ですが、

この選手が『セレッソへ』で【おや?】と感じ

パっと調べたら、案の定の、、、

『JSPのパートナー選手』

この『JSP』って梶野の関係ある会社。

今はセレッソの強化本部長やから云々と

言うのでしょうが、

昨年の進藤だってココのパートナー選手。

 

なんかね。元々梶野には疑念しかないので。

ホンマに今回は菅大樹選手が適切な判断したから。

これサクッと移籍なんてことなってたら

『梶野のチーム編成の【私物化】かいっ(怒)』って。

 

まだ居座るつもりなんかな?

森島含めて。

 

 

《セレッソ》ナニも感じなかった最終節

2021年12月 4日(土) @IAIスタジアム日本平

J1 第38節(最終節)

セレッソ大阪 1 ー 2 清水エスパルス

 

うぅぅぅぅんんん

 

語るコトないな・・・

 

ならアップしなくていいやろ。

 

でも最終節やし。

 

みたいな。

 

 

最後の3節は

大久保嘉人引退興行】

の色合いが強過ぎて

各ゲームの目的が

「嘉人さんにゴールを」だけで

チームとして

『ナニがしたかった?』

『【天皇杯を獲る】というワリにナニコレ?』

みたいな、

『ビジョン』のハッキリしない

ゲームばっかですね。

 

セレッソのアカン時の典型

『中盤つくることだけで手応え感じ

肝心のフィニッシュが

【後からついてくる】

みたない先送りする』

 

とにかく見応えがなかったですね。

 

今季の結果

13勝 9分16負 勝点48

得点47 失点51 得失点▲4

12位

 

シーズンスタート時、どこのクラブも

コロナ禍の影響でグダグダっと入ったシーズン。

序盤は昨年の貯金で勝ち点を積み上げ。

正味ここまででしたね。

徐々に各クラブが【今季仕様】にシフトし出すと

『ナニもない』レヴィー・クルピ率いる

セレッソは究極のジリ貧。

 

強化本部長も社長も『決めれない』まま

とうとう監督に

「ワタシガイルコトガゲンインデ

チームガマワラナイ」

なんてこと言わせて退任させる大失態。

ガス抜きみたく、セレッソ一筋の指導者である

小菊昭雄を暫定で据えると・・・

またここでセレッソのアカンとこ

セレッソファミリー】なんて戯言で

課題を有耶無耶にする始末。

結局こーいった土台があるから、

降格の目がなくなって

大久保嘉人が引退発表したら

ダラダラしたゲームを続ける日々。

 

天皇杯が残っているとはいえ

こんなダラダラした時間を過ごしていて

そんなカンタンにスイッチって入るんかな?

 

マジで来季の応援を考えてしまいます。。。

 

毎年の様にオフが近づくと【嫌気】が刺します。

 

ジブン、NPBでもですが、

「パはどこで、セはどこ」

ってどっちつかずなこと出来ないですし。

京セラドームに現地観戦行って、

イニング途中の他球場の途中経過で

いつでも阪神戦の経過でどよめき起きるの。

あれ、すっごく違和感覚えるし、

Jリーグでも、

「J1どこで、J2どこ」みたいなんも。

あれもワタシはちっとも理解できません。

 

セレッソがキライになったら、

Jリーグ観戦するのもヤメるかも?

たまに他クラブの試合観戦するけれど

観戦するんて、、、

曜一朗とか蛍とかコータ・Mとか

健勇とか・・・

【元セレッソ】の選手がいるとこに

視聴合わすが、すぐに飽きてしまいます。

ジブン『感情移入』せんと応援できへん

性格なモンで。。。

 

Jリーグが好き

そんでジブンの地元の

セレッソ大阪が大好き』

やけど・・・

森島寛晃社長とか

梶野智統括本部長とか

こーゆー連中がキモチを冷めさせ

遠ざけられてしまう。

 

クラブに望むのは

『お友達体制の終焉』

これに尽きますね。