大阪からマリーンズを応援し、地元でセレッソを応援するおっさんのブログ

NPBはMarines、JリーグはCerezoを応援する、おっさんのブログ。娯楽もちょこちょこ書いてみます

《セレッソ》どこもタイヘンそうですね

2022年 5月21(土) @ヨドコウ桜スタジアム

J1 第14節

セレッソ大阪 3 ー 1 ガンバ大阪

 

年々露出度が低下する大一番。

いやJリーグ、日本サッカーの人気凋落かな?

ワールドカップに向けたテストマッチ?かの

代表発表あっても・・・

ワタシ知ったのこのゲームの日

 

DAZNの大型契約で大金ゲットしたJですが

色々と露出を制限された影響が

ボディーブローの如くジワジワと

知名度低下】というダメージが生じていますね。

 

さぁゲームの方ですが!!!

ワタシはオンタイムは所用で外出。

関西ローカルではNHKが地上波中継してたので

前半は車中のナビで信号待ちと家族がちこっと

買い物行ってる短時間は視聴。

解説の大久保嘉人、良かったですね。

中立を保ちながら、セレッソ選手のエピソードを

挟みながら、聴き易い解説。

印象的だったのがアダム・タガートのこと。

しろーと目線ではチームとフィットしてない様に

ずっと映っていましたが、大久保嘉人によると

『一緒にFWしててやり易かった』

『凄くいいヤツ』って評価。

ハナシ前後してしまいますが、

後半の追撃点を奪った後のタガートをはじめとする

選手・スタッフの喜び様を眺めると

「ダービーの追撃点」って歓喜よりも

『タガートを称える』の色が強かったかな。

これまでの肩書に見合わない感あったタガートですが

この得点を契機に【肩書通り】の活躍を期待!!!

ゲーム途中で足首?脛?脹脛?が押さえて交代したので

ヒヤッとしましたが、ゲーム終了後には姿あったので

大事じゃなさそうでなによりでした。

 

非常に評価の難しい小菊セレッソ

このゲームの勝因は

奥埜博亮】かと。

彼があの前目のポジション取ってプレーしてる時の

セレッソは攻撃に厚みが出ます。

ガンバさんはコロナの関係でメンツが揃ってなかった?

らしいですが、その恩恵もあったかな?

前半から前にボールつけて試合を展開していきますが、

先制点はガンバ・・・

確か昨年のヤラれたんじゃなかったっけ?

山見選手に。。。

綺麗に間に入られてドンピシャのヘッド。

あの至近距離であのヘッド撃たれたら

GK真正面じゃない限り反応は困難。

GKジンヒョンもゴールラインを越えてない

フレーミング(サッカーでこんなん言わへんか)で

アピールしますが、、、

テクノロジーの目は欺くこと出来ず

VARにてゴール判定。。。

 

『またいつものセレッソやんけ』

と呆れながら、、、

用事の場所に到着するも、、、

『パーキング満車ばっかやんか。。。』

で、家族は全員下車させて、

ワタシはコインパーキング探してウロウロ。

走行中は映像映らず音声のみ。

かつパーキング探すのに神経遣ってたので

ほぼ覚えてないですね。

で、やっとこパーキング見つけたのが

前半終了後。

そっからは情報遮断し、夜中の就寝前に

DAZNの追っかけ視聴で後半を視聴。

 

 

前半とそう展開は変わってなかったと。

ただ【流れ】は変わりましたね。

先にも挙げた追撃点。

キヨのスルーパス

奥埜が抜け出してゴール前に

トラップんトコで前のめってして

ガンバDF三浦選手に搔き出されるも

それがタガートへの「ナイスパス」に

なってしまい、タガートがズドン。

ボール浮いたので一瞬ヒヤッとしましたが(笑)

確かJ1初ゴールですよね?

キヨもあのポジションで自由与えると

面白いパスいっぱい出しますね。

そんでそのパスに奥埜がシッカリと反応する。

なんぼ良いパス出したとて

受け手が反応しないと始まりません。

勢いの付くゴールでした!!!

 

そんで追加点をどっちが奪うか?の時間。

決定的チャンスを先に作ったのはガンバさん。

左サイド作られて中で抜けられての折り返し

柳澤選手がわずかに合わなかったシーン。

あっこ決められてたら、また展開が違うかったかと。

 

そんで追加点はセレッソに!!!

原川がボール持って

相手の選手間に立つキヨにパスを出し

そらあんだけフリーでキヨがボール受けたら

なんでもしますよね?

左サイド上がる山中のスピードに合わせたパスから

山中得意のクロス。それもフリーで。

中央で待つタガートは目測誤ってましたが(笑)

その後ろからボールの軌道に合わせて飛び込んで来たのが

奥埜博亮!!!

ドンピシャのヘッド一閃、見事なゴールで

セレッソに追加点が入ります!!!

最後合わせて奥埜がキレキレやったですが、

あれはガンバさんの守備が緩かった。

原川にキヨに山中の三人、

全部フリーでプレーさせたらあーなりますね。

 

この追加点で先に動いたのがガンバさん。

山見選手をoutさせます。

ワタシ的には『ラッキー』って(笑)

「キラー」を早々に下げてくれてありがとう。

って感じでしたね。

とゆーてたら今度はセレッソに負傷者。

この試合、ベンチ外の西尾に代わりスタメンの

鳥海ぃぃぃぃぃぃ・・・

この選手もスぺ様体質やなぁ・・・

また姿見えたと思ったら即故障でout。。。

鳥海outで舩木がin、そんで・・・

パトリッキoutでJ1レベルにないヒトin

これで一気に視聴する気が失せたですね。

小菊よ!為田なんか起用するな。

 

こっからドッチラケで眺めてましたが、、、

ガンバさんってか昌子選手やな

なんかカリカリしてた感あったんですよね。

味方に対して。

そんで後半終了間近のスローインのシーン

誰も寄って来ないことにブチギレ

ボール叩きつけるしぐさに

味方のレアンドロペレイラが激怒して

身内同士の小競り合い勃発。

小競り合いの向こう映る片野坂監督の

「なにやってんだよ」って発してる姿

切なかったですね。。。

そんで昌子選手ですね。

ナニをエキサイトしてしまったんか?

ワタシの推測ですが、彼はガンバユース出身。

「いつ何時たりともセレッソには絶対負けるな」

の教育受けてた選手かと。

その熱量と周りの熱量の【温度差】に

我慢ならんなったんかな?

そんでレアンドロペレイラ選手ですね。

ワタシの知るブラジル人の気質。

権限ない人に指示されること物凄く嫌います。

「アナタは何者だ?」とばかりに。

 

日本の指導者各位。あれ見てどう感じましたか?

サッカー界では依然として

「言い合え」

みたいな風潮がありますが、

言い合って生まれることなんて

ホントにありません。

あの昌子選手がエキサイトしたことで生まれたのは

「どっちらけ」な雰囲気。

そんでロスタイムにダメ押しのカウンター・・・

 

それに輪を掛ける様に、

試合終了後の整列時からまだ不遜な態度示す

昌子選手のあの態度。

誰もいい気はしませんよ。

そんでナニを勘違いしているのか?

究極の「お客様は神様です」体質のサポーターが

三浦キャプテンに詰め寄るは、その騒動に乗じて

ペットボトル投げ入れするわ。

サッカーファンのバカっぷりを遺憾なく発揮。

 

ワタシ的には

セレッソがダービーで勝利した

ことなんかより

ガンバさんのピッチ内・外の異常な雰囲気

こっちの方が気になったというか

『サッカーのダメなトコ』

全部曝け出してたので

物凄く気分が悪かったです。

 

 

セレッソもたいがいだと思ってましたが

ガンバさんはもっと深刻な印象

 

自身の勝手な憶測ですが

『どっちも【レヴィークルピ招聘以降】

いろんな歯車が狂ったまんまやな』と。

 

セレッソはね。

ピッチ内は中央ラインのメンツの位置関係

ここが決まってして

両サイドのメンツも開幕からの選手変更で

ベースのカタチが構築されつつあるかなと。

そんでセンターバックにマティ・ヨニッチ復帰

これ大きい。

マティなくこのゲームみたく西尾もいない。

となってたら?ゾッとしますね。

 

『お友達』でなく、今季のカタチが

構築されつつあるのなら

不満分子の乾貴士だとか、

愚の骨頂みたいなプレーする為田とか

 

こういった選手は整理しておいた方がいい

 

いくら良い選手であったとしても。

 

昌子選手のあの振る舞いみて

どんな印象を受けたか?

 

あれを美徳とするのなら

日本サッカーは終わりです。

 

 

《マリーンズ》暗黒臭がハンパない・・・

かなりマズいことなってますね・・・

 

先発が倒れたら試合にならん・・・

 

打線のお粗末さには目を覆うばかりだが

投手陣とて先発下がって以降はグラグラ。

 

逃げ切り図れるメンツが揃わない上に

益田もなんか故障抱えてる感じ?

にやっぱ長いんですよね。

ホークス戦なんか見てると

完全に球筋を見透かされてる感じ。

昨年トレード加入の中谷選手に

一発カマされた展開。

あっこはホークススコアラーの情報に

球に自身が持てないから『裏の裏がオモテ』

みたいな感じ?

もうひとつ付け加えるなら

柿沼にもうちょっと【打力】があれば

違う球種を選択し、益田がクビ振っても

「ダメ」って出来たんかな?とか。

 

とにかく今のマリーンズは

接戦はほぼ獲れないですね。

 

佐々木朗希が毎試合、無失点完封せんと

勝利できない印象です。。。

 

後ろの投手は、小野郁とゲレーロ

どう起用するか?

同点・ビハインド時のピッチングを

1・2点のアドバンテージあるトコで

同じピッチングをすることがデキるか???

 

『若けりゃいい』ってワケじゃないですが

マリーンズのドラフト、地味に失敗してるなと。

ホークス戦を眺めてて感じましたね。

申し訳ないが延長突入して

『田中靖はナイわ・・・』

やけど田中靖しかツッコめる投手がいない。

開幕からしばらくいた廣畑ですか?

『決め球のない投手、プロでは厳しい』

というか、あのタイプの投手、

意外にマリーンズは育成ヘタかも。

それはFA保障でイーグルスいった

酒居見てたら感じますね。

マリーンズ居る時、

3-2ピッチばっかしてたけど

イーグルス行ってから変わったもんね。

廣畑が酒居みたいになってくれたら・・・

 

打線わ・・・

山口航輝で納得せんとアカントコに

厳しさが如術に伺えます。。。

ホンマはこんな時やからこそ

安田尚憲とか藤原恭大が牽引して欲しいが、、、

どっちも伸び悩み感がハンパないです。

安田が怖いんですよね・・・

方向性誤ってストレートに反応出来なくなった

大松尚逸と同じ空気感が。。。

 

ゆーても【和製大砲】が育成できないのが

千葉ロッテマリーンズ

たので頼みの両外国人の

マーティンにレアード・・・

マーティンは里崎チャンネルが指摘してる通り

まだ右足親指が痛いままなのか???

レアードについては・・・

もうNPB7年目?34歳

ちと限界なんかな???

今季の守備に就けない起用は評価しています。

 

マリーンズ打線は【繋ぎ】って意識が

低調になると「弱気」に変わってないかな?

特に下位打線ですね。。。

【繋ぐ】やなく『ジブンが決める』って割り切り。

それも必要なんじゃないんかな?

 

今は高部に佐藤都志也に菅野が元気ですが

如何せん繋がらない。。。

佐藤都志也は今のチーム事情考えると

『ファースト1本』でいいでしょう。

捕手するとボロが出てそこから綻びそうな。。。

 

 

どーもポジティブな要因が見つからないですね。。。

今週末の京セラ3連戦。

今週は土曜日まで出勤日やし、

にぃにぃは中間テスト1週間前かつ

中3ってコトもあり、ママの検閲が厳格化され

結局「五ツ木の模擬試験」を15日にブッ込まれ

チーム状態もあんなんやし、、、

今回はスルーかな???

 

さみしーなぁぁぁぁ

 

 

このままだと今季は

BIGBOSSんトコと最下位争いですね。

ただね、来季以降を見据えると、、、

戦力過渡期のマリーンズと

若手主体に活性化進めるファイターズ

ちと怖いんですよね。。。

 

今後どーなるコトやら。。。

 

《セレッソ》愚行にも程があるわ

2022年 5月 6日(金) @ヨドコウ桜スタジアム

J1 第12節

セレッソ大阪 2 - 1 ジュビロ磐田

 

お久しぶりでございます。

ワタシは今日(5/9)までGW

子供も学校行って、カミさんもパートに行き

ひとりの時間を満喫?しています。

で思い出したかの様にブログ更新です。

 

今季のセレッソはジャイケンサッカー

セレッソはチョキとしたら、

パーの戦術のチームには勝ち、

チョキの戦術のチームには引き分け、

グーの選出のチームには負ける。

そんな印象。

 

更新滞っていましたが、

鹿島さんは強烈なグーパンチかまされ

鳥栖さんはパーかな?と思いましたが

藤田にビューティフルゴール決められ

チョキを出されてドロー。

あの辺りは昨年までセレッソの居た藤田。

『チョキの出し方知っとるな』って。

そんで先週のジュビロさんは

【完全なパー】

健勇とのマッチアップを期待するも

健勇は欠場?かなり残念。

ジュビロさんのメンツを眺めても

ヤットさんに大津選手と「かつて」輝いた

ネームバリューがある選手はいるが

さすがに年齢には勝てずって感じで

それ以外の選手を眺めても、、、

セレッソに分があるなと。

 

試合はまさにそんな展開だったんじゃないかな?

まぁセレッソの変化というと、

『守備はするが攻撃に怖さのない』

陸次樹はベンチ外、山田寛人がベンチスタートで

ブルーノ・メンデスにタテ関係でキヨ置いて

左サイドにパトリッキを。

前線からの守備ってより、前線にターゲット置いて

セカンドをキヨがどう料理するか?

まぁこのレベル相手のチームであれば

効果的だったかな?と。

 

先制点はいつも『ナニも起きそうにないCK』

からの流れから、、、

このゲーム、陸・奥埜・毎熊の右サイドがシッカリと

機能してたので危ないシーンほとんどなかったですね。

そんな関係性でボール繋いでゴール前にクロス、

このクロスをブルーノ・メンデスがスラす

というよりちょい高かったからスレたかな?

けどこの一連を見抜いた様にキヨが飛び出し

あの体制で恐らくあっこのスペース狙って

蹴ったと思いますが、そこに待ってた毎熊が

ヘッド合わせて見事にゴール!!!

流れの中から得点したのいつぶりよ?って

ゴールで先制し、

 

2点目も右サイドから持ち上がり

中央にボール入れるも

パトリッキの意味不明なスルー????

おぃ×2と思いましたが、このボールに

キヨが追い付き、またまたキヨらしい

ラストパスのタイミングにスピード

それの毎熊がシッカリと合わせて2点目!!!

 

セレッソにしては上出来ですね。

 

の後半・・・

 

中2日のゲームなので選手ローテは仕方ない。

けどね『なんで為田やねん』

もうこの選手はホンマに気分悪いです。

4節の「神の手ゴール」狙った飛び込みとか

今節の相手の脛目がけての飛び蹴りとか。

一時話題になった隣国のラフプレーを

「負けん気」みたいな解釈して

そんな指導を低年齢層に行うクラブがある。

みたいなことに警笛鳴らしてた様なことを

『この時代にする選手が存在することが恥』

明らかに力量が【J1レベル】にないから

あーゆーことする。

もう為田もエエ年齢やし、

伸びシロないこと

本人も自覚してるんじゃないんかな?

だからあんなことを恐らくですが

「自身へのイラ立ち」があーゆー表現に

なったんかな?

あれ見て思い出しのが、

セレッソがJ2時代

柿谷曜一朗がV.ファーレン長崎戦で

ゼッタイに間に合わないタイミングで

右足踵にタックルくらい長期離脱し

それ以降、ずっと精彩を欠き

今日に至っていること。

あれも今回の為田と同じ様な気がして。

正当なプレーじゃなく怪我して

その先の人生の歯車が狂うっての。

それは見たくないですからね。

 

リーグの力量に見合わない選手、

余りにも相手が格上で力が及ばないって焦り、

そこをメンタルコントロール出来ないってのは

悲劇しか生みません。

 

為田はもうJ1ではムリですね。

今夏でも自身の力量にあったクラブへ移籍すること

勧めます。

あれはアグレッシブじゃない。ただの無謀。

理性なくあーゆープレーを選択する様な選手は必要ない。

 

ジンヒョンと大津選手の接触プレーがあり

為田の愚行が消えていますが

あの行為は本当に酷い。

 

それはVARからレッド示された際

誰一人とて主審に詰め寄る選手いなかった。

セレッソのメンツも『あれはアカンわ』を

明確に認識してたんだと。

 

これが実態です。

 

正直なトコ、今季のセレッソの順位には

さほど興味はありません。

今季の課題は、、、

監督にタテついて移行、姿のない

乾貴士とか

ずっとあーゆー危うさ抱えている

為田大貴とか

 

過ぎるメンタルの選手の排除ですね。

 

優等生を揃えろってハナシじゃない。

いつまで経っても

『理性的に思考・行動できない』

そんなヤツは抱えておく必要がないってコト。

 

先日の秀岳館高校サッカー部の件

ウチの長男が小学校時代に習っていたサッカー

為田の愚行

 

サッカー業界を取り巻く【負の部分】

それを閉鎖的な環境下で【美徳】とする

歪な環境。

 

ちとサッカー業界全体が襟を正さんと。