大阪からマリーンズを応援し、地元でセレッソを応援するおっさんのブログ

NPBはMarines、JリーグはCerezoを応援する、おっさんのブログ。娯楽もちょこちょこ書いてみます

《マリーンズ》「手腕を評価」って表現の違和感。。。

まあね、井口監督続投は既定路線。

井口資仁就任と同時にフロント・編成・現場が

一体となり球団経営していく礎のひとりなので

『替えが利かない』存在。

 

「手腕を評価」というけれど、

今季の戦力眺めてて評価できるのかな?

 

開幕から交流戦に入るあたりの【暗黒の序章】は

多少脱却した感あるモンも、

この辺りの時期に里崎チャンネルで

「ビッグボスファイターズよりヤバい球団」で

マリーンズをあげてましたが、

ワタシも同じ心境です。

 

そして今季のここまでの成績に今のポジション。

そんでシーズン終盤の闘いっぷり。

ひと昔前の「監督ありき」な時代環境なら

退任ないし解任

だって『良くて2位止まり』やん。

CS行ってもサッパリやん。

今季はまだ『マシ』っぽいですが、、、

このコロナ禍に五輪の影響でシーズン終了が長引いた

2年に比べては。ってハナシ。

 

野手陣はそれなりに代謝していますが、

比較対象にするのが2005年になりますが、

ツヨシにゴリのレベルには到底及んでおりません。

 

特に酷いのが投手陣

井口政権テリトリーのドラフト獲得投手で

1軍戦力なってるのって、

小島に佐々木朗希に・・・

げっ、アトが続かんやんかさ。。。

投手陣だけ眺めると、ゼンゼン育成なんか出来てない。

佐々木朗希は素材が良過ぎ。

その素材を壊さん事に注力してりゃ

数字は勝手についてきます。

ずっと不安しかないのが中継ぎに抑え。

西野とか唐川なんて2000年代の選手。

益田とて2011年ドラフトやし

岩下は奨吾と同期の2014年

東條は平沢とドラフト同期の2015年。

小野郁に坂本は他球団からの移籍組に・・・

廣畑なぁ・・・あのレベルの投手が

「隠し1位」って?

そんなドラフトは事故レベルやわ。

まぁ投手は育成出来てないですよ。

 

それで「手腕を評価」って?

意味が分かりません。

 

 

言えるのは

『井口の【政治力】で井口以外の選択肢がない』

そんな印象しかないですね。

 

現に今のマリーンズは首のすげ替えしたら

すぐに崩壊するでしょうね。

井口資仁の続投は『延命措置』に過ぎません。

 

ただナンの治療法もなく延命だけ続けるのか?

 

この緊張感のなさが一番の課題ですね。

 

これからの千葉ロッテマリーンズの。

《マリーンズ》とにかく最後まで『走り抜けよう、マリーンズ』

昨日のゲームの8回ウラ

西野の四球連発にバント処理を置きに行っての

大暴投で失点し、谷内選手がスクイズ打ち上げての

キャッチャーファールフライを松川虎生が落球し

トリプルプレーをオジャンにした時点で

『今季のマリーンズは終わった』

と確信しました。

 

が、、、

 

それ以上に深刻な状態なのがファイターズ。

恐らくシーズン序盤なら「勝負は二の次」

やないけれど、思い切ってブンブンとバット振ってた

若手各位も、、、

負けが込むとあーなっちゃうのかな。。。

西野の制球も悪過ぎて読めないってのも輪を掛けて。

バット振らずに2三振でこのイニング終了。

 

最終回の「ハズ」だった9回オモテ

マウンドに登場は石川直也投手。

かなり久しく、ワタシのプロスピAにも【育成済】の

Aラン数枚居てましたが、先日断捨離で他選手の強化に。

トミージョンで離れてたんですね。

正直、あの程度の状態で1点差は厳しかったと思います。

あの程度の投手なら撃ち込めるのがマリーンズです。

ただ『仕留め損ねる』コトもあるので

ちゃんとロックオンして撃墜したのは立派でした。

1アウトから角中の2ベースで得点圏。

2塁代走で登場の和田康士朗はあいてにとっては脅威。

その脅威は2ストライクからの3球目、フォークを

叩きつけ過ぎ後逸阻止が精一杯の投球をみて

すかさず3塁陥れた康士朗の足は脅威です。

そんで藤原恭大ですね。スランプは遡るコト

来年のこの時期からですね。

8月の月間MVP受賞決まった当日?翌日?に

自打球影響で登録抹消なって以降

ずっと輝きを失っており、

今季はほぼほぼ2軍暮らし。

このゲームの出場は、4回オモテの攻撃中

緩慢に映った荻野貴司の走塁。

「荻ちゃんの実は」じゃないけど、、、

『この時期に・・・またかよ。。。』

やけどこんなチャンスをモノにするか否かが

『プロってモン』

当たりは決して良くなかったが前進守備

それも3塁走者和田康士朗シフトっぽい

『超前進守備』のセカンドの脇をしぶとく抜く

センター前ヒットで同点に。

 

イケイケ・押せ押せな空気感は無かったが

藤原恭大が盗塁成功させーの

中村奨吾が冷静に状況を見極めてのヒット

そんで安田尚憲が撃った瞬間のホームラン!!!

『仕留めた』ことが重要ですね。

 

 

なんとか『首の薄皮一枚』で繋がった。

 

一度『終わった』身分です。

 

色々とややこしいこと考え過ぎずに

最後まで元気に突っ走れ!!!

 

闘え!!!マリーンズ!!!

 

《セレッソ》意味合いの異なる2戦

1週間で2戦のJ1戦を消化したセレッソです。

 

まずはミッドウィークの浦和戦。

時間のカンケーで前半はダイジェストのみ。

いやぁ~加藤陸次樹がよう決めた。奇跡的に。

 

でこの「奇跡的に」奪った得点を

後半は見事に【戦術】で守り切りましたね。

こっちの方が凄かったですね。

ワードは『意思統一』なんかな?

みんなが同じ方向見据えてプレーしてるから

崩れないし綻びない。

ずっと攻撃受けてましたが、ヒヤッとしたシーンって

ほぼ無かったんちゃうんかな?

防戦一方ながら退屈せずに最後まで視聴。

※試合結果シャットアウトし追っかけ視聴。

これ勝ち切るから『凄い』です。

 

そんで中2日のジュビロ戦。

ゴロっとメンバー替えてきます。

スタメン発表直前?にトップチームのコロナ感染者発生

とこのメンツ入替は連動してるのか否か。

鉄人キム・ジンヒョンがベンチ外に。

それはターンオーバーなのか?それともコロナなのか・・・

そうなるとね。。。清水がGKゆーのは不安。。。

「イイ人」と『優れた選手』が別物であって。。。

『優れた選手』でも吠えてばっかしてるヤツは

また別枠で思考しますが、

ジンヒョンと清水では、、、やっぱ差が大きい。

ダン・バン・ラムでしたっけ?ベトナム代表の。

嫌日家の代表監督さんにそそのかされ移籍した直後。。。

ツイてないですね。。。

 

で、DFんトコですね。。。

新藤が久々のメンバー入りにスタメン起用。

『アカン・・・今日【勝ち】はナイ。。。』

こーゆーコト、ワタシは惜しげもなく触れるので

『サポーターではない』と自負します。

あくまで『セレッソ大阪が好き』なオッサン。

進藤はね【持ってない】んですよ。フツーに。

彼を起用して勝った試合いくらある?

その印象が強過ぎて。。。ねぇ・・・

 

結果はワタシからしたら『案の定』ですね。

負けなかったことが幸いだったかも?

 

やっぱこーゆー布陣になると

キヨの【個のチカラ】で全体のリズムとって

タガートの【個のチカラ】で決めきる。

そこにしか活路はなかったかな?

なので前半の『カマシ』が利いてる時間帯に

複数得点デキてなったのと、、、

後半のCKで進藤が得点決めたんも。。。

『アカン方のフラグたってもた・・・』って。

 

ワタシの関心が『進藤スタメンのゲーム』ってトコに

特化し過ぎてたので、、、

同点となった新藤のオウンは『やっぱやりよった』と。

ホンマに彼は【持ってない】凄い不憫な感じ。

 

ほぼほぼソコしか見れてなかったかな???

 

それとですね。最近の数ゲームは

『優勝するなら今季』と

開幕直後にあんだけ叩きまくってて

「どのクチゆーとんねん」なのは百も承知ですが、

昨今のJ1で

セレッソが安定して上位争いするクラブですか?」

と言われたら?自信もって『No』

今季が実質的な小菊昭雄の1年目。

乾を斬ってからみんなが同じ方向を見据えること

出来る様になってからの躍進は立派。

で、結構イイ位置につけ、残り試合に対戦相手を見ると

『獲れる時にとっておきたい』

他力本願全開ですが『獲れる時にとっておきたい』

 

これはね。NPBでも同じだと。

昨年、最後の最後でバファローズにさらわれた

マリーンズ悲願のリーグ優勝。

毎年×2『あと少し』で逃してばっかしてる

マリーンズと、

最後の最後で「掴み取った」バファローズの差。

今季おっきいですよ。確実に。

 

それを踏まえるとね。セレッソ大阪に必要なんは

ルヴァンでも天皇杯でもなく

『J1リーグ優勝』

今季善戦しACL圏内獲って\(^o^)/

の翌年ってロクなコトないのがセレッソ大阪

 

なので他力本願でも『リーグ優勝』を

夢見るモンからしたら、

このジュビロ戦のドローはイタいなぁ~と。

 

進藤の『持ってない』ってワタシのイメージを

払拭するには???

【個のチカラ】やなく『チーム(クラブ)ブランド』として

ブルーノ・メンデスでは足りないんよね。。。

この『足りない』がセレッソ大阪がこの十数年ずっと

足りていないトコじゃないのかな。

 

そこが如実に表れたのがジュビロ戦だったと。。。

 

もういっこ付け足すと、

もう「10年前」ゆーても言い過ぎでないほど

時間が経ちましたが、ジュビロのFWのお方。

相変わらずうるさいですね。厳しいですね周囲には。

あの調子で周囲に指示してる時のチーム状態って

手に取るようにわかりますね。杉本健勇クンよ。

久々の健勇クンは『落ちた』印象。

ゆーてもユンさん時しか輝いてなかったか。

彼は凄く戦術選ぶ選手なので個人スキルは高くても

大成せん部類の選手なんでしょうね?

 

『【至宝】はどないしてるんか?』と眺めにいったら

至宝はベンチ外でした。。。

【至宝】も来季は上の健勇クンに、

この次に触れるチームに今季移籍したレフティ

今季と異なるユニフォームのJ2クラブかな?

 

最後のひとりの「Jリーグ・銀河系軍団」の一員として

彼は円熟味を増してプレーしてますが

チームがヤバい位置にいるしなぁ。

 

チームの完成度的には

ユン・ジョンファンの時、

露骨に曜一朗が反旗翻す前

と今ってほぼ同順かな?

 

これを突き抜ける+αは

『チームにフィットする』【個のチカラ】

内製デキるに越したことないがそれは厳しい。

「期待」だけで北野やなんやで騒ぎ立てるの

ワタシは大嫌い。『それで何人潰したよ?』って。

 

そんなスペシャルな選手が「是非!!!」と

言って貰えるよーになって『優勝』なんかな。

 

今のセレッソのサッカー、楽しいと思ってます。

でも瞬間の『楽しい』で納得しての翌年、、、

暗黒臭が漂うのもセレッソ大阪ってクラブ。

 

フクザツな心境ながらも楽しんでいますね。

 

中々アップしないですが(笑)

 

やっぱまだ多忙でして。。。

 

ゲリラで更新しますので宜しくです!!!