大阪からマリーンズを応援し、地元でセレッソを応援するおっさんのブログ

NPBはMarines、JリーグはCerezoを応援する、おっさんのブログ。娯楽もちょこちょこ書いてみます

《独り言》半世紀

長らく更新出来ておりません。

このご時世で有難いことにお仕事が多忙極めており、労働基準法そっちのけの連続勤務となっており、マリーンズ戦もほぼ観戦できず、セレッソ戦は深夜に睡魔と闘いながら観戦しているので、ほぼ試合がアタマに入っていません。。。

ちなみに昨日深夜にvsベルマーレ戦を見逃し視聴している折に・・・

 

工場のいっちゃん偉い人から電話があり

そやつがいつの間にか?客先と約束した納期に一切のモノも出荷レベルにない

とワシにクレーム。

なんのハナシかわからんけど、反論しても時間の無駄なんで聞き流し、現場に電話で確認しながら視聴するも・・・

そら試合がアタマに入らず、記憶してるのは、

坂元がエリア内で倒されてPK奪ったこと。

今季のJはエリアで倒されても笛鳴らないのに、よう鳴ったなと。

PKをキヨがキッチリ沈めて逃げ切りましたが・・・

セレッソもメンデスが本調子でなく、欠場したら、ホンマに策なし。

酷暑の夏をどう乗り切るか?

 

ハナシはガラッと変わりタイトルのことを。

 

ぼっち50歳を迎えるワタシ。

 

今の住所で生活始めたのは15歳、高校1年生のちょうどこの頃。

 

理由は親父の母親の妹が暮らしていたが、病気を患っており

さすがに一人ではとなり急遽引っ越し。

 

もともとは曾祖母ちゃんとそのおばさんが一緒に住んでおり

曾祖母ちゃんはワタシが中学1年の10月8日に他界し

それ以降、おばちゃん一人で生活。

 

ワタシの物心ついた時から『おばあちゃんの家』だったトコに今現在も住んでいます。

 

半世紀で家の周りの景色が少しずつ気付くと変化しています。

 

ちなみにウチの家も、元々3軒長屋だったのを裏で壁ぶち抜いて

おばちゃん家、ウチの家族、空き家だったのを

高3なってからかな?メシだけ家族の家で食って、

それ以外は空き家だったとこを部屋にして生活。

そんな長屋も阪神大震災で家が傾き建て替えすることに。

そっから一軒家の2世帯住宅にし、数年後にワシが結婚し

今現在に至ります。

 

道挟んで南側の印刷所も事業縮小で工場取り壊ししてる折に

電気工事の不始末で大火災起こし、その後パーキングになったり、

元々、準工業地帯の地域なので、元々は小さな自転車鍛冶屋が

点在してた土地。

バブル経済崩壊に中国攻勢でそんな小さな工場は

すべて姿を消し建売住宅に。

少し大きめの倉庫があったトコには、20年ちょっと前になるのかな?

SHARPさんが堺浜、J-GREEN堺の南側に巨大な液晶パネル

工場建設し、そこの期間従業員を当て込んだワンルームがポンポンと。

その構想も虚しく虚像となりはしますが建物は健在です。

 

今でも残る物心ついた時から変わらない風景。

それは道向かいのお屋敷。

 

このお屋敷、物心ついた時の記憶では

年配のご主人と、年齢のかけ離れたご婦人が住んでおられ、

ご主人は記憶しない時に亡くなられてそうで

ご婦人がおひとりでお住まいに。

 

でも・・・ワタシがハタチ過ぎた頃からかな?

マメに通ってくる男性が出現。

ウチのガレージ前に車止め、ワシが車出すこと出来ず

何度かモメ、モメる度にオカンから

「どんな胡散臭い人でも、近所の人とモメるな」

とよう怒られました。。。

 

このオッサン、自身には家族ありながら・・・

俗に言う【不倫】ゆーやつですが、どこか徹底してました。

絶対に泊まらずに帰ってたこと。

※旅行には行ってましたが・・・

 

何気にワシが当時の彼女と少し自宅から離れた

某所のアウトレットモールでデートしてる折に

おっさんと本妻に、息子?娘?家族と一緒に

居てるトコに遭遇し、一瞬アッとなりながら

気まずい雰囲気お互い察知に、ヘンな空気醸しながら

すれ違ったことあったり・・・

 

時間が経つと、向こうもコソコソしてたのが堂々とし始め

フツーやないけど、フツーのご近所さんとなる。

今考えるとこれまた不思議なことですね。

 

そんなおっさんが、5年ほど前?記憶として

ウチの親父が亡くなってした辺りかと?

1年少々、姿を表さなくなりました。

 

それがある時を境に、それまで車で来てたのに

駅や電車で出くわすように。

ワタシの仕事帰りの電車でばったり出くわし

『あっ、お久しぶりです』なんて感じで

駅から家まで何度がご一緒したりして、、、

 

なんでもその理由たるや・・・

オカンからの情報ですが、

ご本人が体調崩すのと、本妻さんが同じくして体調崩し、

本妻さんは他界され、それが落ち着いたから

またオッサンが出入り再開したとか・・・

 

聞いて呆れたのと同時に、この執念はなんなのかと?

 

お向かいの主であるおばさんも相当の高齢になり

いつもお綺麗にされてましたが、お会いする度

足元がおぼつかなくなってるのが分かるように。

 

その頃から、今度はいろんな人がお家を出たり入ったり。

 

またここでも【ニンゲンのいやらしい臭い】を

感じずにはいられないことが少しの期間、

ゆーても週末だけの少しのシーンですが

【いやらしさ】を感じましたね。

 

そんでここのおばさんが突如いなくなったのが

2年前の9月に大阪を直撃した台風のあと。

 

お家が明らかに『空き家』の空気感を醸します。

台風で屋根瓦が飛び、業者が入り簡易的に

いいかげんに屋根にブルーシートかぶせて立ち去り

時間経過で屋根瓦は落ちてくる、

ブルーシートは破れてくる、

ある角度から眺めると、屋根が落ちている。

と結構な状態に。

 

そんでこのおばさんは?といいますと、

年齢からくる認知が始まり・・・

先に書いた、通いのおっさんと一緒に

老人ホームに転居したとか。

そんで通いのおっさんは、1年ほど前に他界され

おばさんはかなり認知が進んでいるらしく

もうほぼなにもわかっていないとか?

 

強烈に長期間の不倫関係の末、

最後はそのお相手と同じ生活を始め

1年ほどで生涯を終える。

その一連、30年ほどのストーリーを感じると

ここ昨今の、少しの不倫でガタガタ騒ぐ世間は

『しょんべん臭いな』と。

 

ぼっちらオチに入りますが、

その半世紀変わらずある風景。

このお屋敷ですが、GWごろから売りに出され、

このblogエントリー日から

取り壊しが始まるそうです。

 

なんとなく、いやハッキリですね。

確実に時間が進んでいること。

 

いつまでも不変なモノがないことを

また認識しています。

 

あと50年前から変わっていないのは・・・

隣の散髪屋さんだったお家。

 

ここもこのGW前に閉店。。。

 

もう建物も古く、近いウチには・・・

 

時間の流れを感じてしまい

思わずエントリーしてしまいました。

 

 

次回はマリーンズないしセレッソのゲームを

ジックリとレビューしたいと思います。

 

その節はひとつよろしくお願いします!!!

 

《マリーンズ》有吉のナイスピッチといぐっさんのナイスリクエスト。with安田のホームラン

先週のイーグルス戦は散々でしたね。

 

6タテして仙台に乗り込みましたが

6タテされそうな雰囲気プンプン。

よう1試合獲っておいたなと。

 

この6連戦は『お客さん』作っても

【お客さん】にされるとアカン。

 

ホームでありながら、昨年分が悪いなんての

通り越してたライオンズさんをホームに

迎えての6連戦。

雨が気になりますが、先週見てても、5回終了までは

「試合止めるな・打ち切るな」と

どっかから指示あるかのような。。。

そんでこの試合も強風吹き荒れる中での1戦です。

 

DAZN開いて最初の印象

『どこのチームやねん???』

ライオンズと赤っかいユニフォームのチームが

試合やってます。

今日は「千葉デー」らしいですが・・・

『えーかげん、このイベント。ヤメにせーへんか?』

どこのチームかわからんですよ。どこのチームか。

 

ワタシは千葉でなくてもマリーンズを応援するので

ピンストユニ > 千葉ユニ

なんでホームのユニフォームをもっと大事に大切にしないのか?

この企画にしろ夏の青いヤツにしろ。

もっと頻度減らして欲しいと願います。

 

 

ゲームの方をサクッと触れますが、

ライオンズ高橋光成投手にヒネられそうな展開の

ゲームだったと思いますが、

見事に攻略し勝利をもぎ取りました!!!

 

勝因の1つは、有吉のナイスピッチング。

昨年は先発ローテながら3試合?で戦線離脱。

肘の故障による手術とリハビリからの復帰です。

 

ストレートにもパワーあったし

スライダーも抜けずに曲がってたこと。

あんなボールを操ってる有吉はワタシ記憶にありません。

疲れが見え始めた5回辺りからは抜け球増えはしましたが

6イニング完了までマウンドに立ち、

最後のバッターもアウトコースにスライダー投げ切っての

6回完了。ナイスピッチでありました。

 

そんでこのゲームの勝敗を左右したの、

ワタシは井口監督の【捨てリクエスト】やったんやないかと。

5回裏1アウト2塁、バッター柿沼のセンター前に

抜けようかという打球をライオンズ源田選手が回り込みキャッチし

1塁送球もほぼ完璧なファインプレー。

あっこのリクエストはあの「完璧な流れ」でアウトを取った

ライオンズないし高橋光成投手に流れもっていかせるのを嫌い

【間】をとるためのリクエストやったんやないかと。

あれはどうみてもアウトでしたが、あっこで【間】を取ったのが

功を奏し、藤岡がタイムリーを放ち、荻野も出て、

その直前の守備でボール見失いライトフライを2ベースにした

マーティンが汚名返上の2ベース!!!

ここは完全に【ベンチワーク】で相手攻略しましたね。

 

そして7回裏。

レアードもラッキーな2ベースありーの、タッチアップの

激走ありーので3塁まで進み、

奨吾のタイムリーありーので迎えた安田クン。

このスイングだけやったんやないかな?

受け身にならず自身からスイングしにいったの?

ちょっとタイミングは抜けた感あった気がしますが

いつもみたいに振り遅れて差し込まれるんじゃなく

パシッと捉えた打球はライナーでライトスタンドインの

貴重な追加点となる2ランホームラン!!!

 

今季の安田は、今みたいなチーム状態であれば

優先的に起用して貰えるシーズンかと。

それは3年前に平沢にも井口監督は同じことしました。

この間にどれだけ【1軍慣れ】するかですね?

このゲーム解説の立川さんは「2軍含めて打席数」

としていましたが、ワタシはむしろ2軍で打席立つ方が

1軍対応の妨げになる気がするので

1軍に特化して打席増やして、対応するタイミング、

【間の取り方】を習得する方が良いと感じました。

 

ハーマンがパッとせん、

ジャクソンがグダグダしながら凌いだ

打順アタマから益田登場し失点した。

 

と後ろでバタバタしながらもライオンズに

打撃戦で勝てたのは素直に喜びます。

 

7月7日にホーム7連勝

 

このおまじないが今季終了時に歓喜に繋がると

いいですね(笑)

 

《セレッソ》静かなダービーでサクッと勝利!!!

2020年 7月4日(土) atパナソニックスタジアム吹田

J1 第2節(リモートマッチ)

セレッソ大阪 2 - 1 ガンバ大阪

 

まさかここまでリーグ再開が長引いてしまうこと

全く予想つかなかったですね。

 

無観客とはいえ、リーグ再開。

 

再開初戦はアウェーのダービーマッチ

 

無観客だからか?マスコミの煽りもほぼ感じず

迎える一戦。

やっぱ不思議な感じでしたね。

 

スタメン発表で目を引いたのは

開幕戦欠場の藤田がスタメンに、

FWには都倉が入ります。

 

SUBメンに曜一朗の名前が。

再開直前に確認した記事では、いかにも

「曜一朗らしい」表現で、ここ数年の葛藤を

表現していましたね。

このゲームのスタメンはキヨに任せてのベンチです。

 

ゲームの方ですが、時間も経過しするので

記憶も怪しいので、サクッと振り返りますが、

 

序盤はガンバさんのペースだったと思いますが、

セレッソの多少受けてたのかな?

ガンバさんの伝統的な組み立て。

前線のスキルの高い選手のボールを集めるパターン。

宇佐美選手からアデミウソン選手へ!!!ってパターン。

 

宇佐美選手に一発ヤバいシュート撃たれはするも

アレ決まってたら、展開が変わったとは思いますが

あの後ですね。セレッソがユン⇒ロティーナと

監督が代わってしても変わらないのが【落着き】

大熊以前のセレッソなら『伝統的に』バタつきますが

17年以降のセレッソはバタつかず試合を進めます。

 

30分のカウンターのシーン。最後に奥埜がエリア内で

倒されるもノーファールの判定。

微妙な判定でチャンス逃しましたが、この辺りから

ちょっとセレッソのやりたいカタチを示し始めます。

 

ですが、どーも『キヨ頼み』な雰囲気はありまして、、、

 

右サイドの陸と坂元が仕事させて貰えない。

なのでボールはキヨに集まるも、中盤でマルを経由するが

そっから前に出れない。

都倉も前線で強さを魅せるけど、対人はさすがですが

ブルーノみたくマイボールに収める辺りは・・・って印象。

 

ワタシ的には多少得点を予感した前半ロスタイム。

右右右で展開作りながら相手を右サイドに固め

右から中央のキヨにボールを預け、

フリーランのマルのスピード落とさない正確なスルー

フリーのマルの左足は【無双】

グランダーパスを中央の奥埜に息ピッタリで合わせ

奥埜がズドーン!!!

 

見事な流れからセレッソが先制します。

 

あの時間帯、ガンバさんもかなり失点嫌がった

守備してたと思うんですよね。

その心理突いた様に右サイドに相手固め

手薄になった左から崩し、混乱させって攻め。

完璧だったと思います。

 

後半は、ガンバさんが前2枚使いだけやなく

個のチカラもプラスして攻め込んできたかな?

さすがガンバさんのタレント陣。

個のチカラで圧かけてくると迫力が違います。

 

そんで最初に交代カードを斬ったのはガンバさん。

今季は特別ルールで交代5枚。

そんなもあって今後はどこもカード斬るの早いかな?

で、ガンバさんはいきなりジョーカーの

パトリック選手を投入。。。

 

こっからゴール前にボール入ると怖かったですね。

寸手のトコで凌いでた印象。

 

セレッソの最初のカード交代は、、、

この試合だけの評価としては全く機能していなかった

坂元outで片山in

このゲームの坂元は『J1とJ2の差』を痛感したかな?

ゆーてもJ有数のビッククラブであるガンバさんのメンツの

個のチカラに終始押し込まれていた印象。

これもゲーム続けてるウチに慣れると思います。

 

そんで結局この交代が決勝点に繋がります。

 

最初にフェイク入れたのはスローイン

陸が入れるそぶり見せながら、

結局ボールを片山に。

ガンバディフェンスも多少ロングスローも意識した?

ポッと抜けたようなタイミングで相手の裏から

奥埜が受ける動きで片山はフツーのスローイン

ゲーム再開。奥埜はようゲーム見てますね。

奥埜から都倉、陸と回し、エリア内の空いたスペースに

陸がチップキックで放り込み片山へ。

片山からの折り返しはキヨに!!!

ですが、ズレたんですよね。。。

でも持ち直して後ろからフリーで丸橋突入から

フリーでズドーン!!!

フリーのマルの左足は【無双】

見事に右サイドネットに突き刺すガンバさんには

『ダメージ大』の2点目ゲット!!!

昨年のダービー以来、なんかセレッソの空気感が違う。

 

けど、悪夢が一瞬アタマを過ったのは、

木本の無意味な肘ブロックのPK献上。

本能的にそう動いちゃったのかな・・・

あのプレイは余計やった。。。

今季導入見合わせとなったVRですか?

恐らくね。子供の頃から、あーゆー動きって

身体に染みついていると思う。

けどね、今後はあーいった意図的な悪質なプレイ

厳格に裁かれると。

なので選手もフェアプレーを心がけて欲しいです。

 

それで与えたPK決められ1点差に。

 

『やはりパナスタには魔物が住み着いているのか』

と同点・逆転のイヤな予感も漂いましたが。。。

 

凌いだというか、ある程度想定内でハメてたのかな?

 

そんな恐ろしく危険なシーンもなくゲーム終了。

最後のガンバの小野選手の態度にはイラっとしましたが。

この選手もずっとこんな感じですね。

勝気なんでしょうが、周りにリスペクトない振る舞い。

ワタシ好きじゃありません。

 

シーズン再開即のダービー。

盛り上がりはなかったですが、ガンバさんに勝利です。

 

印象深かったのは、監督インタビューの

宮本ツネ様のしぐさ。

彼はちょっと前までの「ガンバ戦士」ですね。

セレッソに負けた。負けてはならない相手に負けた」

ってオーラーが存分に出てましたね。

そんな意味ではピッチの選手からはそんなオーラが

今回は感じなかったかな?

 

そんでセレッソですが落ち着いてましたね。

サバトもフィットした印象です。

坂元はこれからですが、ここの交代でinした片山。

J1では通用しないかな?と思ってましたが

このゲームでは見事に坂元との差を魅せましたね。

 

息つくことなく過密日程で次ゲームは7/8(水)

ヤンマーでエスパルスさんを迎え撃ちます。

 

連戦となりますので、いきなりスタメン交代は

あるのかな?と。

 

慌ただしく訪れる次節以降、

どうやりくりするかに注目です!!!

 

 

※余談※

このゲームは追いかけで視聴

隣でにいにいも一緒に観戦してましたが、

『せや、にいにいサッカー引退したんや』と。

にいにいから「僕、去年ココ行ったな」

「凄い狭かったで」と当時の印象をクチに。

小学生最後のビックイベントである全日の

開会式で昨年夏に足運んでるんですよね。

 

こんなことにも時間の流れを感じた

Jリーグ再開の第2節でありました。