大阪からマリーンズを応援し、地元でセレッソを応援するおっさんのブログ

NPBはMarines、JリーグはCerezoを応援する、おっさんのブログ。娯楽もちょこちょこ書いてみます

《セレッソ》確変終了。さぁこれからの手腕を注視

2021年 4月10日(土)

J1 第9節 @ヤンマースタジアム長居

セレッソ大阪 2 - 2 アビスパ福岡

 

ちと時間経ち過ぎて、記憶がおぼろげ・・・

だって前半早々に相手退場の数的優位ありながら

ドローってか・・・

 

あのプレーは危ないなんてモンと違う。

J2から昇格仕立てのクラブの怖いとこ。

やっぱあーゆー『冷静さに欠くプレー』

をする選手が存在する。

そんであのプレーをスルーしてしまう主審。

【VARチェック】の通信受けて、映像確認して

あの主審、青ざめたでしょうね?

「オッ俺、、、このプレー見れてなかったの。。。」

って。

だからレッド提示する前のしぐさ、

なんかオドオドしてたよーな???

ホント、このプレーにおいてはVARが導入されてて

良かったです。

最初はアビスパの面々もいつもながらに主審取り囲み

みたいなんあったけど、映像判定してる時には

なんかあきらめてたんかな?あの映像がビジョンにも

映っていたのか?ですが、

アッサリと気持ち切り替えてた印象。

まぁこっからが・・・主審も冷静さを欠いていたのか?

なんかシャキっとしないレフェリングしてましたね。

今年からプロレフェリーになったんや?

ハナっからミソつけたかな。

 

ゲームがあんな感じで、いかにも

『クルピのセレッソ大阪

な展開やったんで、、、

気持ちはサメサメですね。。。ハイ。。。

 

 

今節もクルピはベンチ外で小菊コーチが指揮

して負け・・・ちゃうわドロー。。。

 

コロナ感染は瀬古歩夢だったっぽいですね、、、

で代わりにスタメンに入った進藤ですが、

進藤が入ったゲームで勝ったことあるのかな?

たぶんナイ気がする。。。

 

そんで「バルサが注目する」西川潤ですね。

出来たことは相手に喧嘩吹っ掛けられて

応戦して相手にイエロー貰わせただけで

プレー面では相変わらず、チャンスを貰いながらも

いっこも活かすこと出来ず、

交代でinした中島元彦が思い切って放ったシュートが

ゴラッソなゴールを奪い、益々立ち位置が怪しく。。。

ここは西川だけのハナシやなく、

この場面でシュート決めた中島も

一時逆転ゴールを奪った加藤陸次樹も

昨年、J2で主力張ってたメンツ。

なんとなく出場機会もないのにクラブに置いてたのが

西川潤には遠回りになったんかな???

そんな印象を受けましたね。

 

 

まぁ、このゲームに限らずですが、

思いの外、幸先の良いスタートをきった

セレッソ大阪でしたが、

はやくも『ジリ貧』な印象。

 

開幕からポンポンと得点重ねた

大久保嘉人も【確変終了】

そんで相棒のトヨちゃんは

いっこもシュートが枠に飛ばず

「ネット揺らした!!!」

思たらオフサイド。。。

 

タガートの合流および活躍如何で

今後が変わりそうな予感。

 

 

まぁ、なんとか?って言ったらアレですが、

『森島・梶野がクルピ連れて来たと

知った当時の違和感』

と現状がフィットしてきた印象かな?

 

大久保嘉人の確変突入に、

坂元タツのキレキレなプレーに

ヨニッチ失ったCBのポジションを

『ホンマにこのガタイで19歳か?』

の西尾がスポッとハマったり。

この節は流れの中から失点したですが、

前節の横浜戦から左右のポジション変えて

出場してるのにシッカリとプレーしてます。

 

結局は【個のチカラ】に依存し切ったサッカーが

崩れてくるとそれは脆く、旨味を感じない

虚しいモノに近づいている印象。

そんな印象が節を追うごとに強くなっています。

 

この週末に感じたコトは

不甲斐ないというか予想通りに失墜する

セレッソ大阪よりも

柿谷曜一朗が移籍後初ゴールをゲットしたことに

ささやかな喜びを感じた週末でありました。

 

次節はクルピがベンチに戻るのか?

クルピがベンチに戻りどうなるか?

 

生暖かく眺めていくことにします。

 

《マリーンズ》今季もライオンズ戦はこんな感じになるのでしょうか・・・

今季もライオンズ戦はこうなってしまうのか・・・

って3連戦でしたね。

 

3戦通じての感想ですが、1戦目と3戦目、

どっちの敗戦のショックが大きかったかな?

 

金曜日のゲームは、7回終わりまで

完全にマリーンズのペースだったですよね?

二木の好投で5回終えて3-1でリード。

そんで6回の攻撃。

山口の四球から、代走岡大海が2盗決め、

藤岡がシッカリと送り、柿沼のサードゴロで

岡大海生還し、ノーヒットで1点積み上げ。

『このゲーム貰った』と確信しましたが、、、

8回オモテ登板の小野郁が大炎上し

見事なまでの逆転負け、、、

で、翌日、小野郁は浦和送りに・・・

ハーマンがあんな感じやったので、

競った場面での起用は想定できない感じだったので

ブルペン陣を眺めると、小野郁は間違いじゃない。

ただ、6イニング目と8イニング目は

かなり勝手が違ったですね・・・

 

続く2戦目、先発美馬のゲーム。

二木⇒美馬で2敗はゼッタイに避けたいゲーム。

ちと前日のやな雰囲気あったですが、、、

マーティンの弾丸ライナー弾で先制し

2打席目は綺麗な放物線を描く

スラッガーのホームランで追加点。

そして×2、マリーンズ打線が最も苦手とする

【満塁】の場面で山口が!!!

前進守備のセカンド頭上をワンバウンドで超える

タイムリーヒットで追加点をゲット!!!

前日、エゲつないというか、

『ロマンを感じさせる』逆方向のライトスタンドに

初アーチをぶち込みながらも勝てなかったこと

ワタシ引っ掛かっていたので余計に

このゲームは確実に取りたかった。

ゲーム展開は美馬が7イニングを投げ切って

8・9回は勝利の継投

今のブルペン陣だと唐川の繰上りは必然ですが、、、

『7回の唐川』と【8回の唐川】は別人。

これは余程の投手じゃないと一緒ではない。

1アウト取りはするも、安打に四球を絡めて

満塁にしてしまう、案の定の

『劇場型ピッチング』を披露。。。

勝負ドコでスイッチいれてからは、

呉念庭カットボールでバットへし折り

マリーンズが覚醒させてしまった?愛斗選手との勝負。

ここはバッテリーの配球勝ちでしたね。

要所でタムーが要求したカーブを

唐川が要求とーりのコースに投じ空振り三振。

インサイドワーク通りに斬った時って

ピッチャー冥利に尽きることを感じ取れる

唐川のガッツポーズ!!!でピンチを凌ぎ、

8回ウラの岡大海の一撃!!!

レフトに飛んだ大飛球、

3塁塁審は「セーフ」の判定、

ジブンもあれは入ったと思ったリクエス

映像判定は、、、見事にフェンス最上段にヒット。

審判さん、恐れ入りました。

岡大海の『アトちょっと』感。。。

いかにもらしい一撃絡めて2・3塁。

申告敬遠で満塁になり、

タムーは旨いコト犠牲フライ打って追加点。

続くは守備固めで入った三木亮。

こんな時に『あと1本』打ってくれると、、、

ですが、そうはうまくは行かず1点止まり。

最後はセーブつかないが益田が登場し

四球⇒ヒットで連続出塁を許し

『おいおい』な入りでしたが

後続3人を討ち取ってゲームセット。

 

イヤな負け方した翌日に勝利をゲット!!!

ホッとしましたね。

 

 

1勝1敗で迎えた3戦目。

マリーンズ先発は、前2試合の登板で

ナイスピッチ連発の今季ドラ1鈴木昭汰が先発。

ハッキリ言います。

リザルト以上に課題が浮き彫りなった登板。

出塁許したランナーを、ほぼフリーで走らせまくった

マウンド捌きは大きな課題。

投手だけの責任ではないにしろ、

『ピッチャーはバッターだけと勝負したら良い』

ってことはゼッタイにナイってこと

しっかりと知らしめられた【プロの洗礼】を

受けた登板だったですね。

「打線が援護してやれよ」ってミカタもありますが、

それ以上に鈴木昭汰にとって【クスリになる】

ゲームであったと。

牽制にクイック、もっと磨かないといけないですね。

 

 

こんな感じの3連戦、1勝2敗。

今季のマリーンズは

勝てないチーム

勝てるチーム

ハッキリしそうな印象。。。

対戦相手の状態が現状維持であるならば、、、

ファイターズとバファローズ

どれだけ勝ち星積み上げるか?

 

結局良くて4位止まりかな?

 

本日より、仙台で3連戦。

岸⇒則本⇒誰かな?

岸・則本で2敗。って考えは寂しいですが

これが今のマリーンズ打線の現在地かと。

 

そんなワタシの冷めた予想を覆すゲーム

期待したいです!!!

《セレッソ》このコロナ離脱は「ありき」で今シーズンは行くしかない

2021年 4月 6日(火)

J1 第8節 @NISSANスタジアム

セレッソ大阪 0 - 1 横浜Fマリノス

 

月曜日ですね、セレッソトップチームにて

コロナ検査陽性者1名発生の報道があったの。

 

このブログはNPBの千葉ロッテマリーンズ

並行して応援してるので

この経験?は昨年経験済。

 

『今季はこんな事象も「ありき」で

チーム編成せんとアカンのは必然やなぁ』と

改めて感じました。

 

NPBは陽性判定された選手は実名報道ありますが

Jリーグはナシ。

だれが感染し、誰が【濃厚接触者判定】となり

ベンチを外れるか?が気になるところです。

 

そんで試合開始2時間前のスタメン発表

 

覚悟はしてたけど、あらためて( ゚Д゚)

スタメンからは

瀬古歩夢・丸橋祐介大久保嘉人が外れ

SUBを眺めても

セカンドGKの松井謙弥が外れてます。

そんでレヴィーも【濃厚接触者】と判定され

ベンチ外でこのゲームは小菊さんが指揮を執ります。

 

で、試合終了後に

「レヴィーは濃厚接触者外と

【保健所から】通達があった」

とされてましたが???

ウチの会社も、昨年の騒動発端となった

ライブハウスクラスター該当者をスタートとし

秋口・年末の3回、業務上、間接的に対応しましたが

濃厚接触者の判定って、保健所がするんかな?と。

凄く大まかなガイドラインはあったけど、

「細部の判定レベルはそっちで決めて」

みたいな対応やった記憶が???

なのでこの報道はジブンの体験した事実と乖離しており

ちょっと『ホンマかい?』と思っています。

 

スタメンの穴があいたトコですが、

歩夢 ⇒ 進藤(札幌より移籍)

マル ⇒ 新井(新潟より移籍)

嘉人 ⇒ リキ(甲府より移籍)

が座ります。

嘉人のベンチ外はコロナよりも前節の

蹴られたフリしてダイブした一件の

サッカー界隈の賑やかさを加味して

元々からベンチ外やったんかな?

とか推測しています。

 

そんでSUBメンですが、

謙弥 ⇒ 春名竜聖(U-18)

不謹慎ながら、

ジンヒョンじゃなくて良かった。。。

『春名ってダレよ?』と調べたら

下部組織の選手です。

ベトナムのGKが入国はしましたが、

こんなことを想定すると日本人GKを

あと1名は獲得しとかんとアカンですね。

 

進藤・新井・リキのスタメン入りで

あいたSUBに

鳥海(ジェフ千葉より移籍)が初ベンチに

昨年終盤のゲームでユルユルの守備して

一部サポの怒りを買った小池に

中島元彦(新潟よりレンタルバック)

が入ります。

ダングレーはどこ行ったよ???

 

ざっとですが、スタメン・SUB中、

昨年いなかった選手が?

U-23の西尾を含めて10名

昨年J2・3でプレーしてた選手が7名

なんか凄いコトになっています。

 

 

こんなメンツでゲームスタートしますが、

GKにジンヒョン残り、

ボランチに藤田と奥埜が座るので

意外に守備は安定していましたね。

DFラインの形成ですが、

進藤と西尾のコンビも中々奮闘していたなと。

相手がFマリノスさんってJ1上位クラブを

相手にしてあそこまで対峙できたこと

正直、驚きでありました。

 

後ろを突貫工事で造ってる分、

前線の豊川がもっと奮起して欲しかったかな?

松田力は・・・J1でスタメン張って得点出来る

レベルにはないですね。厳しいですが。。。

やっぱ全てが足りない印象でした。。。

 

そんで、坂元の離脱もデカいですね。

西川潤では役不足もいいとこです。

彼もマスコミの雑音がなければ、、、

もっと好意的に評価するのですが、

『あれでバルサじゃ海外じゃ?寝言は寝て言え』

そんなレベル。

セレッソは【素質の宝庫】やった時代もあるので。

その辺りの当時と比較しても、ゼンゼン足りてません。

対戦相手のボランチの6番もそう。

駆け出し時の輝きは遥かにマリノスケの6番の方が上。

チームがJ2落ちてして、J2のラフなプレスに苦しんで

出場機会を失い移籍しちゃったけど、

マリノスで居場所をシッカリと作りましたね。

西川潤、ゼンゼン物足りない。

むしろ前節イマイチもえーとこやった

山田寛人が入ってからの方が雰囲気はあった。

ホンマ、ハナッからおかしな持ち上げられ方した分、

凄くかわいそうにも思えますが、、、

『かわいそう』とか思われてるコト跳ね返す

躍進を期待しています。

 

ゲームは語るトコないですね。

スコアレスで御の字だったゲーム。

セットプレーでボールを出せずに失点。。。

残念やったけど、、、

セットプレーのキックから合わされての失点やなく

流れの中から崩されての失点やなく

って意味では『仕方ない』失点だったかな?

 

移籍してもその存在は忘れることない

コータ・Mがコーナー蹴ってるし。

頑張ってるなと。

 

 

次節は今週土曜日ですね。

対戦相手のアビスパさんも選手にコロナ陽性者

発生しているの???

セレッソも次節、どのメンツが戻れるか?

まだまだ隔離されるのかな?

マスク外してプレーするので、

一般企業のガイドラインより厳しい基準なんかな?

 

かつ大阪はこの4月に入ってから

コロナ陽性者が急増していますからね。

東京のオバハンが「大阪株」とか

失礼な表現したみたいですが(怒)

『だまれ生粋のパフォーマー。政治しろ政治を』

昔ニュース読んでた時はお美しい

キャスターやったのに、、、

政治の世界に足踏み入れてから、

腹黒さしか魅せてませんよね?

 

まだまだこの環境は続きそうですね。。。

 

JリーグもNPBもコロナとどう付き合うか?

 

そんな2021シーズンですね。ハイ。