大阪からマリーンズを応援し、地元でセレッソを応援するおっさんのブログ

NPBはMarines、JリーグはCerezoを応援する、おっさんのブログ。娯楽もちょこちょこ書いてみます

《マリーンズ》ドラフト指名は4人

昨日のドラフトですが、指名は4人。

林社長もコメントした様に、内野手を1名は指名しておきたかったトコ。

指名しなかったのは、予算なのか?リストアップした選手がすでにヨソに指名されてしまってたのか?は解りませんがね。

1位 松永昂大 投手   大阪ガス  左左  下敷領 悠太

2位 川満寛弥 投手   九州共立大  左左  永野 吉成

3位 田村龍弘 捕手   光星学院  右右  井辺 康二

4位 加藤翔平 外野手  上武大学    右両  鈴木 皖武

マリーンズHPからですが、担当スカウトも記載されていたので、とりあえず書いてみました。

まず、1位指名ですが今季もマリーンズらしくなく、藤浪を指名。

残念ながら抽選で交渉権は逃しましたが、競合避けずに藤浪を指名したことは評価したいです。

外れ1位の松永ではありますが、2回目の入札でも今度はオリックスと重複し抽選へ。

オリックスとの抽選といえば、2年前の伊志嶺も競合で抽選の結果マリーンズが引き当てましたが、今回もマリーンズが松永の交渉権をGET。

ドラフト直前には競合を避けて松永の一本釣りを一部では報じられていた選手を外れ1位ながらも交渉権を得れたのはドラフト戦略としては良かった部類やないかと思います。

2位も左投手の川満を指名。

1位松永もそうですが、マリーンズ投手陣の台所事情として1軍で年間通じて登板出来る左腕の育成は急務。

特に中継ぎにおいては、ちょっとの間中後が働いただけで、ほとんど左腕中継ぎ不在に悩みましたので、どちらかにメドがつけばいいのですがねぇ。

3位は星光学院の田村。

今年の高校No1捕手です。

あまりNPB以外を見ないワタシでも知ってる選手なので、高校生の中ではかなり抜けてる存在だと思うのですが、伊東監督が要望した【捕手】という部分でそれに沿った選手なのか?

ちょっとこの辺りはなんとも言い難いよーな気がしてます。

まだシッカリと見てないので『里崎の後継者』かどうかは解りませんが、まずはファームでも起用可能なレベルであることを期待したい。

来季については、里崎と金澤or小池が一軍であることが希望。

マッチについてはチーム事情&捕手適正の両面から来季は【内野手】で勝負してほしーなぁ~なんて思ったりしてますので・・・

4位は加藤。

ここで外野手を指名したのは、ワタシ的には意外ではありました。

ちょっと落ち着いて考えると、外野手といえば、角中に荻野貴司に岡田に清田に伊志嶺にとここまでは名前は上がりますが、このアト。

サブローは外野手としてはさすがに限界でしょうし、アトは?と言ってパッと浮かぶのは工藤。登録的には大松・神戸といますが、どっちか?っていえばファーストってイメージ。

南竜も解雇しちゃったし、いないんですよね?

打つ方はアレとして、肩が強く足が速いとのコトで、昨今のNPB外野手の最低基準はクリアしてそーな感じですかね?

今年のマリーンズのドラフトについてはこんな印象です。

感想的には内野手が獲れてたら完璧だったんじゃないかと。

イメージ的にはバランスは取れてるんじゃないかな?

だから70~80点ってトコですかね。

アトは・・・

この素材をどれだけ伸ばせるチームなのか?

どれだけ己を磨き、1軍で活躍するのか?

ですね。

【10/26返信です】

【10/30返信です】

名無しさん さん

ご指摘有難うございます。一番大事なヒトがすっ飛んでました(苦笑)

追記させて頂きます(礼)

うめきち さん

まいどです。

ドラフトは・・・やっぱ内野手を獲っておきたかったですね。

ぼっちら組閣も発表されそうな感じですので、秋季キャンプから年末にかけての合同トライアウトとかトレードでの補強は急務でしょうね?

マリーンズのストーブリーグの主役は井口と見てます。

ここが契約オプションつけずに『監督の言うこと聞く』って契約をするかしないか?ここを相変わらずの『オプション容認契約』なんて結んでしまうと、もうグジャグジャになると予想してます。

ワタシ的には井口はファーストコンバート。そうなればホワイトセルもマネーゲームせずに交渉し、折り合いつけば契約でOKかと。

根元はセカンドで使いたいです。ショートは鈴木大地高濱が競争してほしいかな?アトは今江の動向。FAなんてことになれば。更に混迷してしまいますね・・・。

相変わらずオフにも大きな花火を打ち上げないマリーンズ。

らしいといえばらしいですね。